STAFF BLOG | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

STAFF BLOG

桜と新緑

2018年04月20日

桜も散り、新緑の季節に移り替わろうとしています。
こんにちは、堀江です(^^)
 
今年の桜は、開花も散るのも早かった気がします。
皆さんは今年、お花見はされましたか?
私は、見るというより撮りに行きました(笑)
そして先日、新緑を求め京都へ行きました。 
今日は桜と新緑おすすめスポットをご紹介します!
 
まずは、前回のブログでもご紹介した、琵琶湖疏水。
日中とライトアップどちらも行きました。
 

 
今年から疏水の観光船が67年ぶりに復活したそうです。
一度は乗ってみたいものです。
 
そして、彦根城にも行きました。
 

 
この桜は雑誌の表紙にもなっており、早朝に到着したにも関わらず、多くのカメラマンさんがいました。
風が穏やかだったので、水面に綺麗に映り込んでくれました。
 
 
新緑では京都の瑠璃光院へ行ってきました。
 

 
ここは年2回、春と秋のみ特別拝観をされています。
拝観料はかなり高めですが、それを感じさせない美しさです。
写経体験やお茶も頂けるようなので、色んな方が楽しめる所だと思います(^^)
春の拝観は6月15日までです、是非行ってみてください!

カメラを始めてから、四季折々の花や風景をよく調べるようになり色んな所へ行くようになりました。
これからもブログを読んでくださっている皆様にたくさんのスポットをご紹介できたらと思います!!
 

三寒四温

2018年04月9日

 
ブログを書くために、あらためて言葉の意味を調べることが多々あります。
そして、今まで間違った使い方をしていたことに気付くことも多々。
今日のこの「三寒四温」も、またそのひとつ。
 
これ、『寒い日とあったかい日の繰り返しを4回くらい過ぎたら春になる』
って意味じゃないそうです。

『寒い日3日間、あったかい日4日間の7日周期を何回か繰りかえす』って意味だそうで。
しかも、冬に起こる現象をあらわす言葉で、本来は1・2月に使うそうで...。
 
 
こんにちは。
生まれも育ちも日本なのに、まだまだ分かってない日本語がたくさんある甲斐です。
 
 
さて、日本語は何かとややこしいですが、
春の兆しは分かりやすく身近にあらわれ始めています。
 
少し前ですが、

満開・花盛りでとてもきれいだった今年の桜。
“寒”のタイミングに入るまで、毎朝お花見気分でした!
 
 

事務所やモデルハウスまわりの植物たちも次々と芽吹き、
 
 


裏はたんぽぽがはびこり放題...
 
 

ジューンベリーは早くも花びらを落とし、実を付ける準備に入っています。
 
 
そうそう、今日は入学式だったようで、
ピカピカのランドセルを背負って、おめかしした両親に手を引かれて、
ニコニコで歩く新一年生とたくさんすれ違いながらの出勤になりました。
 
いろんな変化が楽しいこの季節。
みなさまにもステキな転機が訪れますように...。
 
 

朝活。

2018年03月25日

こんにちは、堀江です!
ぐずついた天気も過ぎ去り、しばらく良い天気が続くようで一気に桜も開花しそうですね(^^)
因みに私のおすすめ桜スポットは、琵琶湖疏水沿いの夜桜です。
毎年行っておりますが、年々人が増えているように感じます。
お車で見に行かれる際はくれぐれも通行者にお気を付けください。

さて、先日はタイトル通り、朝活を行いました!
朝4時半起き。向かうは高島市手前にある北小松。カメラを通して知り合った方と朝焼け撮影を行いました。
現地に到着すると、ご一緒した方のお知り合いの方がたまたまいらっしゃり、
3人で撮影することに。お話したり撮影方法を教えて頂いたりし、朝を迎えました。

桟橋跡です。戦前戦後に京阪神からのスキー客の汽船がここで発着していたそうです。
このような桟橋が今でも複数残っており、昔ながらの風景が広がっています。
この写真はシャッタースピードを長く設定することで、湖面に波が立っていない幻想的な風景に仕上げています。
実際は風が強く、波が高かったです。そしてとても寒かったです…。

この後は、京都の城南宮へ車を走らせ、梅の撮影を行いました。
朝一に到着したにも関わらず、すでにたくさんの人が。
テレビの中継にも遭遇しました。
とりあえず黙々と撮る撮る撮る…。

城南宮は梅はもちろん、椿の花も有名なんです(^O^)

白い梅もふんわりしていてかわいいです。

梅のシャワー。城南宮の梅はほとんどがしだれ梅です。

快晴で梅も満開の日で、とてもいい写真が撮れました。

日の出前からの撮影はなかなかしんどいですが、朝日が昇った瞬間、眠気や疲れが吹っ飛びます!
また、朝日は体の調子を整えたり、癒しの効果もあるそうです。
みなさんも機会がありましたら、朝日を見に行ってはいかがでしょうか(^^)?

美麗祈願

2018年03月12日

 
昼間には陽気を感じるも、まだまだ朝夕は冷えるこの頃。
寒暖の差や花粉症で鼻がぐずぐずしている方も多いようですね。
菱和ホームにも約1名、やたらティッシュの消費量が激しいスタッフが…。
デビューでしょうか?
本人は否定していますが、いよいよ今年デビューでしょうか?
 
 
こんにちは。
なんとなく、今年も発症を免れられそうな甲斐です。
 
 
 

さて、紅梅がほころびはじめる頃に友人と訪れたるは、世界遺産、下鴨神社。
御手洗池のまわりはほんのり甘酸っぱい、上品な香りが漂っていました。
 
 

参拝を済ませて鳥居を出ると、こじんまりとした休憩処があります。
140年ぶりに復元されたという申餅で一服。
あっさりとした甘味でひとつまみサイズのため、
ランチから間もないタイミングでもするんとお腹に入ります。
 
 

そして、糺の森を抜けたところにあるのが、
美麗の神、玉依姫命を祀る河合神社。
こちらの絵馬は鏡型になっていて、自分の化粧品でメイクを施し、
裏にお願い事を書くことで、外側も内側もキレイにしていただけるという
ステキな仕組みになっています。

はい。
今回の目的は世界遺産ではなく、こっちです。
まずはスッピンの状態。
 
 

持参した化粧品と据え置きの色鉛筆などでメイクアップ!!
よそ行きバージョンのため、普段より盛りめです。
 
 

できあがって思いついてしまったのが、逆顔はめパネル。
大丈夫かな。バチ当たらないかな…。
ちょっと心配です。
 
 

専用の台があるので奉納してみると…
あら、みんな意外とあっさりめな仕上げ。
それぞれ個性が出ていて、人のを見るのもまた楽しいです。
 
 

最後にいただいたのはその名も「美人水」。
境内で採れたカリンをシロップ漬けにし、
ご神水と合わせた美肌効果のある飲み物とのことで、
「これは飲まなアカンやろっ!」と頼んだのですが…

べっぴんになるどころか太っちゃうんじゃないかというくらい、
もう甘い甘い…。
しかし、何事も信心次第。
ありがたく飲み干しました!
  
最近はインスタ映えするとかで、女性の参拝客が急増中だそうです。
絵馬もぬりえみたいで楽しかったので、
女子旅にはオススメのスポットですよ。
あ、もちろん、ちゃんと下鴨さんへの参拝も忘れずに!!
 
 

ショールーム見学

2018年03月6日

一月往ぬる二月逃げる三月去る。
3月です。ここ数日の暖かさで琵琶湖バレイの雪が随分と解けてしまったようで、
山にはちょこっと残っているくらいになりました。
 
こんにちは、堀江です(^^)
 
先日、大阪のリクシルさんのショールームに研修に行って参りました。
今回私は初めてショールームにお伺いしたのですが、
商品の種類の多さに驚きました!
設備関係だけでなく、カーポートや太陽光パネルの実物が建物の中に展示されていました。
伺ったのは、平日でしたのでほぼ貸し切り状態でした。
ですのでゆっくり見学出来ると思いきや、時間の関係でやや足早に研修の部屋へ。
 
研修では新しく採用するサッシのお話をたくさん聞き、
実物を見ることも出来、とても勉強になりました。
 
性能が重視される“窓”。性能ももちろん大切ですが、
デザインも怠っていないのが、リクシルさんの窓の特徴だと感じました。
やはり、実物を間近で見て触ると他メーカーとの違いや特徴がよくわかりますし、
何より提案する私たちがしっかりと商品について理解しておかないといけないなと改めて思いました。
 
この研修で得たことを生かし、より良い提案ができるよう、頑張ります!
 

カニと建築と温泉と

2018年02月25日

 
2月は逃げる。
本当に早いものです。

そして3月は去る。
恐ろしいことです。

だから、楽しいことはジャンジャンやらないと!
 
 
こんにちは。
っていうことで、久々に旅行に行ってきました甲斐です。
 
今回はこの冬、記録的な降雪量に見舞われた福井へ。
直前にも寒波がやって来て、宿泊施設のキャンセル件数が
Yahooニュースにあがるくらいでしたが、
日頃の行いの良さが雪雲を押しのけたか(?
お天気に恵まれた穏やかな旅になりました!
 
 

とはいえ、降り続いた雪はそうそう簡単に溶けるものでもなく、
車窓にはまぶしいくらいの白銀の世界が広がっています。
 
 

通路は確保されているものの、こどもの背丈くらい雪が残っているホーム。
心なしか、左端に写る駅名標も背が高いような…。
 
 

乗り換えで降りた福井駅には、いたるところに恐竜博士が点在。
そりゃもちろん、ガッツリ絡みます!
 
 

最初の目的地はえちぜん鉄道の終着駅「三國港」。
大正時代に建てられた当時の建材を再利用した、
レトロな駅舎が出迎えてくれます。
 
 

駅からトコトコ歩くこと約10分。
お昼ごはんに選んだのは、こちらのお店。
もともとは北前船貿易で栄えた明治初期の、
芸妓の置屋さんだったそうです。
 
 

格子戸をあけるとすぐ目に入るのが、大鍋の中の大量のカニ!!
そう、この旅の1番の目的は産地でいただくカニ!
光景も贅沢そのものですが、なにより美味しい香りに満ち満ちていて、
ぐぐいっと期待値が高まります!!
 
 

ウゴウゴと動く活けガニ2匹。
カウンター席だとお料理を待つ間、
お店の方がカニのことをいろいろ教えてくれます。
 
 

で、ゆであがったカニさん。
お店の方も手慣れたもので、写真撮影用に一度お披露目。
 
 

もちろん越前ガニのお印、黄色タグ付き!
一緒についているQRコードを読み取ると、
ドローンで撮影されたカニ漁の様子が
YouTubeで観れるようになっています。
 
 

動画を楽しんでいる間に食べやすいようにさばいてもらって出来上がり!
あわせて、こちらも福井の特産・ガソ海老のミニ海鮮丼もオーダー!
産地でいただくカニは、身がしっとりふるふるでやわらかく、
最低限の塩しか使われていないので、カニそのものの香りと甘みがたっぷり!!
ゼイタクで幸せなひとときを堪能しました!!
 
 

お腹いっぱいになったので、ぶらぶらと近くを散策。
はい、私の旅の定番、「古い建物めぐり」のスタートです。

歴史的な建物がちらほら残る通りを歩き、「旧岸名家」に到着!
代々、材木商を営んでいた岸名家の町屋が一般公開されています。
ガイドのおじさまが駐在していて、
料金100円で隅々まで案内してもらえます。
 
 

中にはおもしろいものがたくさん!
たとえばこちら。
いったいなんだと思います?
 
 

ヒントがこれ!
そう、トイレなんです。
便器がこんなに豪華な絵付だなんて…。
相当、栄えていたんでしょうねぇ。
 
 

隣にはおそらく当時ではめずらしい家の中のお風呂。
特徴的なのは「かまど」も家の中にあること。
そりゃそうですよね。
雪国じゃ、つきっきりで外で火をたくなんて自殺行為ですよね。
 
 

私のお気に入りは、中庭を臨むガラス戸。
 
 

枠の太さとカドの丸みがいいバランスです。

長く続いた商家だけあって、
時代ごとのいろんなディティールがつまった旧岸名家。
冬場は足の裏がキンッキンに冷えますが、一見の価値ありです!
 
 

続いて訪れたのは、すぐ近くの「旧森田銀行本店」。
大正9年に完成した、鉄筋コンクリート造の近代建築です。
 
 

外も中もきれいなシンメトリー。
 
 

吹き抜けをまわる回廊も素敵な雰囲気です。

こちらも建築好きならテンションがあがる見どころいっぱいなんですが、
あまり長くなると書くのも読むのもシンドイので、割愛しますね…。
 
 

チェックインの時間が過ぎたので、一度宿に入って休憩。
ロビーには豪華2セットの雛飾りが、階段に並べられていました。
これ、昼間はいいんですが、夜は…
えぇ、予想通り、ちょっとブキミな空間でしたよ…。
 
 

さて、夕飯の時間です。
休憩の間に目星をつけていたお店へ出発!
…したものの、2件とも予約で満席という不運。
ちゃんと確認していなかったのが悪いんですが、
寒空の中、温泉街を右往左往するハメに…。
結局は最終候補だった「湯けむり横丁」へ。
 
 

選んだのは新鮮な魚料理が食べられる居酒屋さん。
気さくなマスターに地元の食べ物やお酒のことを教えてもらい、
楽しいディナータイムになりました!

普段はあまり飲まない日本酒もチビチビと。
右の白岳仙は白ワインみたいな香りとフルーティー感。
左の羽根屋はスッキリあっさりですが、キツさがなくて飲みやすい!
ペースを崩さないように気を付けなきゃいけないくらい、
どちらも美味しいお酒でしたよ。
 
 

2日目ももちろん、カニは外せません。
脱皮から間もない「水カニ」を使った丼で旅を締めくくります。
今回も、カニと古い建物と温泉を堪能する、よい旅になりました!
 
 

最後に告知!
3月10日・11日に完成見学会の開催が決定しました!
フライヤーの原稿も完成し、準備は完了!
あとはみなさまからのご予約を待つのみ!
イベントインフォメーションに詳細をアップしますので、
どうぞご確認くださいませ!!
 
 

デビュー

2018年02月17日

2月も半ば。
アパレルショップでは、春服が目立つようになりました。
 

 
守山の第一なぎさ公園です。
早咲きの菜の花が有名で、寒空の下、もう少しで満開になるところまできています。
琵琶湖大橋から近い所にありますので、早く春を感じたいという方は是非行っていただけたらと思います(^O^)
 
こんにちは、堀江です。
 
先日、ついに一眼レフデビューをしました!
 
ヨドバシカメラに数回通い、カタログを熟読しネットで調べ、3ヶ月。
ようやく購入まで辿り着きました。
 

 
迫力があります。
因みになかなか重いです(笑)
本体とレンズで800グラムはあると思います。
腕が鍛えられそうです。
  
一眼レフを買ったら弊社で建ててくださったお家を撮りたいと思っていました。
念願叶い昨日行ってまいりました!
とても素敵なお家なので撮りたい場所がたくさん(^^)
200枚近く撮りました。
 

 
他の写真は近々インスタ等でアップさせて頂きます!
見ていただけると嬉しいです。
 

雪やこんこん

2018年02月4日

 
立春というのに、この寒さ。
ほんの少し外に出ただけで、ほっぺたがキンキンに冷えます。
昨日までの予報では夕方から雪が続く模様でしたが、
どうやら大津方面は曇りでとどまりそうですね。
 
 
こんにちは。
この冬はまだシモヤケの発症を免れている甲斐です。
 
 
実は今、ちょっと困っています。
雪が降ることを想定して、雪のネタをぶつけるつもりだった今回。
でも、降らない...。
むしろ、快晴...。
いいや、やっちゃえ...。
ということで、しばし寒々しい光景にお付き合いください。
 
 
仕事始め以降から大雪が降ったのは1月25日。

歩道は一面真っ白ですが、
平日のため、いくつもの足跡で踏み固められて、
カサはずいぶん減っています。
 
 

なんとかすっころばずに会社に到着。
道路の雪は溶けていますが、敷地内は埋め尽くされています。
 
 

となると、朝イチの仕事はスタッフ総出で雪かき。
ひとまず通路から確保していきます。
 
 

ひどかったのはその2日後!!
3枚前の画像とほぼ同じ位置ですが、こんもり具合に歴然の差。
 
 

モルタルに凍り付いちゃってるので、
押しのけてもきれいに地面が出てきません。

※決して高みの見物をしていたのではありませんよ。
 ブログ用に撮影するため、一時前線を離れていただけです。
 
 

丸1日気温が上がらなかったため、
帰路にはこんな恐ろしいポイントがっ!!
 
 

凍りついた雪とつららの最強コンビ。
ずり落ちて来やしないか、ヒヤヒヤもんでした。
 
まだまだ2月も序盤。
これから大雪の降る可能性もゼロではありません。
どうぞみなさま、寒さと雪の事故にはお気を付け下さいませ。
 
 

初遠征

2018年01月26日

ここ数日、「今季一の寒さ」や「過去最強クラスの寒波」という言葉をテレビで目にします。
確かにすごく寒い日が続いていますね。
こんにちは。冬生まれですが、寒さには弱い堀江です。
 
さて、先週のお休みは舞台を観に、高校からの友人と一泊二日で東京に行って参りました(^-^)
作品は、宝塚歌劇宙組のウエストサイドストーリーです。
元々洋画のウエストサイド物語が好きで、絶対に行きたいと思っていたのでチケットが取れた時はとてもうれしかったです。
 
観劇当日は5時起きで7時の新幹線に乗ったのですが楽しみで楽しみで、一切寝ずに東京駅に到着しました。
ホテルに荷物を預け、今回の劇場の東京国際フォーラムへ。
 

劇場内の写真は撮っていないのですが、3階席まであり収容人数は1500人ほどだそうです。
私たちは後ろの方だったのですが、1階席で比較的見やすい席でした。
 
で、舞台の感想ですが、とても良かったです(*^^*)
演出や構成だけでなく歌、ダンス、衣装…どれもが印象的で、洋画に近いものがあり再現度も高かったです!
舞台を見終わった後は毎回放心状態になるのですが、その状態でのパフェは最高でした!

見た目はパフェっぽくないのですが、スプーンを入れると、

表面の板チョコが割れて中身が見えます。
因みにこのパフェ、飲み物セットで1700円ほど。
やや高めですが、見た目だけでなく中身もとてもおいしかったのでおすすめです◎
 
 
と、こんな感じで、東京旅行前半で満足してしまった私たちは、
翌日は朝カフェとスカイツリー観光のみで終わってしまいました。
 
 

 

1日目は雨でしたが、二日目は天気に恵まれ、帰りの新幹線では富士山がちらり。

 
 
ほぼ無計画な旅行でその場その場で決めたりしたので、のんびりな旅行でした。
 

良いことづくめ

2018年01月11日

 
あけましておめでとうございます。
なんとか新年のご挨拶ができるうちに投稿できました。
厄年&年女の甲斐です。
 
 
このお休みは年末にけっこうひどいカゼをひいたり
バタバタしていたこともあって旅行も行けず、
ひたすら日々の疲れを癒すべく

近所を散歩するくらいにして、大人しくしておりました。
 
2日なってようやく落ち着き、お稲荷さんへ初詣。
そこで引いたおみくじは「凶後大吉」。
“最初はツライことがあるだろうけど、後半は全部うまくいくよ!”
という内容でした。
前々から思っていたんですが、
お稲荷さんのおみくじって項目が細かいうえに、
良いくじを引いたのか、悪いくじを引いたのか分かりにくい!
ってことで調べてみたら、何とも複雑なつくりだと判明。
 
まず、吉凶の種類だけで17種。
そのうち吉ベースのものが9種、
凶から吉に転じるものが3種、
吉も凶も自分次第なものが5種(笑)。
「凶!」と決めつけたものが無いのが救いではあるものの、
あいまいに濁されるのもスッキリしませんね。
 
そしてさらにややこしいのが順番。
詳細は『伏見稲荷大社 おみくじ』でググっていただくこととして、
下の方だと思っていた「凶後大吉」がなんと上から3番目!
お稲荷さんのおみくじ、なかなか一筋縄ではいきません...。
 
その後、雑貨屋さんで買った干支みくじでも

大吉!!
どうやら2018年は幸先がよろしいようです。
これは独り占めすることなく、スタッフやお客様に振りまかねば!!
 
ということで、
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
 
 

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram