trip | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

trip

カニと建築と温泉と

2018年02月25日

 
2月は逃げる。
本当に早いものです。

そして3月は去る。
恐ろしいことです。

だから、楽しいことはジャンジャンやらないと!
 
 
こんにちは。
っていうことで、久々に旅行に行ってきました甲斐です。
 
今回はこの冬、記録的な降雪量に見舞われた福井へ。
直前にも寒波がやって来て、宿泊施設のキャンセル件数が
Yahooニュースにあがるくらいでしたが、
日頃の行いの良さが雪雲を押しのけたか(?
お天気に恵まれた穏やかな旅になりました!
 
 

とはいえ、降り続いた雪はそうそう簡単に溶けるものでもなく、
車窓にはまぶしいくらいの白銀の世界が広がっています。
 
 

通路は確保されているものの、こどもの背丈くらい雪が残っているホーム。
心なしか、左端に写る駅名標も背が高いような…。
 
 

乗り換えで降りた福井駅には、いたるところに恐竜博士が点在。
そりゃもちろん、ガッツリ絡みます!
 
 

最初の目的地はえちぜん鉄道の終着駅「三國港」。
大正時代に建てられた当時の建材を再利用した、
レトロな駅舎が出迎えてくれます。
 
 

駅からトコトコ歩くこと約10分。
お昼ごはんに選んだのは、こちらのお店。
もともとは北前船貿易で栄えた明治初期の、
芸妓の置屋さんだったそうです。
 
 

格子戸をあけるとすぐ目に入るのが、大鍋の中の大量のカニ!!
そう、この旅の1番の目的は産地でいただくカニ!
光景も贅沢そのものですが、なにより美味しい香りに満ち満ちていて、
ぐぐいっと期待値が高まります!!
 
 

ウゴウゴと動く活けガニ2匹。
カウンター席だとお料理を待つ間、
お店の方がカニのことをいろいろ教えてくれます。
 
 

で、ゆであがったカニさん。
お店の方も手慣れたもので、写真撮影用に一度お披露目。
 
 

もちろん越前ガニのお印、黄色タグ付き!
一緒についているQRコードを読み取ると、
ドローンで撮影されたカニ漁の様子が
YouTubeで観れるようになっています。
 
 

動画を楽しんでいる間に食べやすいようにさばいてもらって出来上がり!
あわせて、こちらも福井の特産・ガソ海老のミニ海鮮丼もオーダー!
産地でいただくカニは、身がしっとりふるふるでやわらかく、
最低限の塩しか使われていないので、カニそのものの香りと甘みがたっぷり!!
ゼイタクで幸せなひとときを堪能しました!!
 
 

お腹いっぱいになったので、ぶらぶらと近くを散策。
はい、私の旅の定番、「古い建物めぐり」のスタートです。

歴史的な建物がちらほら残る通りを歩き、「旧岸名家」に到着!
代々、材木商を営んでいた岸名家の町屋が一般公開されています。
ガイドのおじさまが駐在していて、
料金100円で隅々まで案内してもらえます。
 
 

中にはおもしろいものがたくさん!
たとえばこちら。
いったいなんだと思います?
 
 

ヒントがこれ!
そう、トイレなんです。
便器がこんなに豪華な絵付だなんて…。
相当、栄えていたんでしょうねぇ。
 
 

隣にはおそらく当時ではめずらしい家の中のお風呂。
特徴的なのは「かまど」も家の中にあること。
そりゃそうですよね。
雪国じゃ、つきっきりで外で火をたくなんて自殺行為ですよね。
 
 

私のお気に入りは、中庭を臨むガラス戸。
 
 

枠の太さとカドの丸みがいいバランスです。

長く続いた商家だけあって、
時代ごとのいろんなディティールがつまった旧岸名家。
冬場は足の裏がキンッキンに冷えますが、一見の価値ありです!
 
 

続いて訪れたのは、すぐ近くの「旧森田銀行本店」。
大正9年に完成した、鉄筋コンクリート造の近代建築です。
 
 

外も中もきれいなシンメトリー。
 
 

吹き抜けをまわる回廊も素敵な雰囲気です。

こちらも建築好きならテンションがあがる見どころいっぱいなんですが、
あまり長くなると書くのも読むのもシンドイので、割愛しますね…。
 
 

チェックインの時間が過ぎたので、一度宿に入って休憩。
ロビーには豪華2セットの雛飾りが、階段に並べられていました。
これ、昼間はいいんですが、夜は…
えぇ、予想通り、ちょっとブキミな空間でしたよ…。
 
 

さて、夕飯の時間です。
休憩の間に目星をつけていたお店へ出発!
…したものの、2件とも予約で満席という不運。
ちゃんと確認していなかったのが悪いんですが、
寒空の中、温泉街を右往左往するハメに…。
結局は最終候補だった「湯けむり横丁」へ。
 
 

選んだのは新鮮な魚料理が食べられる居酒屋さん。
気さくなマスターに地元の食べ物やお酒のことを教えてもらい、
楽しいディナータイムになりました!

普段はあまり飲まない日本酒もチビチビと。
右の白岳仙は白ワインみたいな香りとフルーティー感。
左の羽根屋はスッキリあっさりですが、キツさがなくて飲みやすい!
ペースを崩さないように気を付けなきゃいけないくらい、
どちらも美味しいお酒でしたよ。
 
 

2日目ももちろん、カニは外せません。
脱皮から間もない「水カニ」を使った丼で旅を締めくくります。
今回も、カニと古い建物と温泉を堪能する、よい旅になりました!
 
 

最後に告知!
3月10日・11日に完成見学会の開催が決定しました!
フライヤーの原稿も完成し、準備は完了!
あとはみなさまからのご予約を待つのみ!
イベントインフォメーションに詳細をアップしますので、
どうぞご確認くださいませ!!
 
 

芸術と癒しの旅 東京ー伊豆 その3

2017年05月20日

 
夏日のようなお天気に恵まれた週末。
ちょっとした外出でも体力が奪われますね。
うっかり日焼けや熱中症には
くれぐれもお気を付け下さい。
 
 
 
こんにちは。
気のせいか、ほんのり夏バテの気配を感じつつある甲斐です。
 
 
 
さて、たった2泊3日の旅行を丸2月かけて振り返っております旅日記。
ようやくこれが最後となります。
 
3日目のメインは温泉に入るカピバラで有名な伊豆シャボテン動物公園。

さすが、欲しいアングルをよく分かっていらっしゃいます。
フォトジェニックな佇まいにプロの風格。
 
 

エサを奮発してもらえることも、よく分かっていらっしゃいます。
 
 
広い園内にはいろんな動物たちがいて、

ペリカンの餌付けを間近で見れたり、
 
 

おねむのハリネズミにほんわかしたり、
 
 

リスザルにエサやりできたり!
 
 

リスザルさん、
タッパーの中のミルクを浸み込ませたパンに目が釘付け。
この子、ほとんど重さを感じないくらいに軽くて、
器用な手がめちゃくちゃカワイイんです。
 
 

あっという間に平らげたら、ちょっぴり愛想を振りまいて、
すぐに次のターゲットへ...。
 
いいんです。
束の間でも十分に癒されたから、いいんです...。
 
 

露天風呂がある場所以外でも、
カピバラとふれあえる広場が別にあり、エサやりが楽しめます。
このモーンっとした表情が何ともキュート。
 
 

おもしろがって写真を撮ってたら、
1匹のカピバラに“のしっ”ともたれかかられた母。
 
 

そして、そのままカピバラファミリーの一員になった母。
母にはこのひとときが1番楽しかったそうです。
 
 

お昼は乗り換え駅の熱海で、生シラス&生サクラエビのどんぶり!
ずっと前から一度食べてみたかったんですよね、生シラス。
ここでやっと念願がかないました!

こうして最後までしっかり海の幸を満喫して、帰路へつくのでした。
 
 

芸術と癒しの旅 東京ー伊豆 その2

2017年05月7日

 
せっかくのお天気なのに、今日は黄砂です。
洗濯物もお布団も、しっかり干してふっかふかにして、
リフレッシュして終えたかった方も多いでしょうに…。
あいにくのG.W.最終日となりました。
 
 
こんにちは。
鼻と喉と目の粘膜に、なんか違和感を感じながら
チャリ通勤してきました甲斐です。
 
 
ここ数日のお天気のおかげで、
菱和ホームのお庭にも急ぎ足で春がやってきました。
昨年、強剪定をして丸坊主になったラベンダーは…

わさわさと葉が茂り始めています。
 
 

指でちょっとこすると、もうしっかりラベンダーの香り。
 
 

ヒメウツギは今が満開!
今年は特に元気です。
 
 

タイムも枠をはみ出て増殖中…。
どこまで広がるか、もう少し様子を見ましょうか…。
 
 
 
で、間延びしておりますが、ここからは旅行記の続きを。
2日目は妹のリクエストにより、国立新美術館で開催中のミュシャ展へ。
タロットカードのようなデザインのポスター等で有名な画家ですね。
しかし、今回はミュシャが16年という時間をかけて取り組んだ、
「スラブ叙事詩」がメイン展示。
大きなものだと6m×8mにもなる大作、全20点が初めて日本に揃うという
ビッグなプロジェクトです。
なんと、作品のいくつかは

撮影OK!!
 
 

もちろんフラッシュはNGですが、
好きなアングルをカメラに収めることができます。
 
 
同じ時期に開催されていたのが

草間彌生展。
すごい取り合わせです。
 
午後は近くの東京ミッドタウンをブラブラし、
東京駅でお土産を調達して早めに伊豆へ。
 
 

駅前の商店街でキラキラの海鮮丼を食べ、
 
 

ちょっとイイお宿でリッチなひとときを楽しみました。
 
 
 

芸術と癒しの旅 東京ー伊豆 その1

2017年04月23日

 
春の訪れを告げてくれた桜も、
すっかり緑の葉が目立つようになってきました。
季節の流れはなんとも早いものです。
 
 
 
こんにちは。
今日も研修係として、

新人・堀江にビシバシ模型の作り方を仕込んでいる甲斐です。
 
 
今日からはまた旅行記をつらつらと綴らせていただきます。
4月のはじめに訪れたるは東京と伊豆。
まずはオシャレエリアのひとつ、目黒へ!
 

通りがかりに見つけたオシャレカフェに入り、
 

オシャレランチプレートで腹ごしらえ。
 
いざ雑貨屋めぐり!と意気込んだのですが、
どうも数年前に歩いた時よりお店の数がグッと減っているような…
 
気付けば新しそうなマンションがポツポツ目につきます。
雑貨・家具業界全体がキビシイとは聞いていましたが、
目黒でさえ例外ではない様子…。
深追いはせず、早々に表参道方面へ場所を移します。
 
 
ヒルズへ着いたのは丁度ティータイム。

甘いものが移動の疲れを和らげてくれます。
せっかくなので、まだ東京にしかないカフェで。
 
 
普段は目にしないハイブランドなショップをチラ見して、

目星をつけていたお店のひとつ、ソストーネ・グレーネへ。
こちらは1973年にデンマーク第2の都市オーフスにて
グレーネ家が創業した老舗ライフスタイルブランド。
ヨーロッパを中心に110店舗以上を展開している
人気の生活雑貨店です。

商品構成や価格帯はフライングタイガーに近いんですが、
落ち着いたカラーや素材感のものが多く、
暮らしにすぐ馴染むアイテムが揃っています。
私もプチプラと絶妙なオサレ感に魅かれ、いくつか購入。
部屋の一部がステキスポットに変身しました。
 
 
初日はほどほどのところでホテルへ。
上等なベッドでしっかり休み、翌日に備えます。
 
 

安芸の宮島 その4

2016年12月23日

 
お歳暮の時期ですね。
ありがたいことに、菱和ホームでも業者さん各方面から
年末年始のご挨拶の品を頂戴しております。
これらはみんなでティータイムにいただくお菓子類をのぞき、
スタッフ全員で仲良く山分け。

準備が整ったテーブルには入念に品定めするフクダの姿。
お目当てのビールが無事ゲットできたようです。
 
 
こんにちは。
年明け最初のポスティング用広告の作成が
追い込みまっただ中の甲斐です。
 
 
 
さて、旅日記もようやく今回で終了。
ずらずらと画像を並べましたので、さらりとご笑覧くださいませ。
 
厳島神社の後は宮島水族館へ。

カタクチイワシ Before → After...
ニボシが泳いでるとこを初めて見ました。
 
 

イイ顔で迎えてくれたのはカサゴさん。
これも煮付けにしたら美味しいお魚ですね。
 
 

ライトアップしたクラゲでゆらゆらと癒しのひとときを。
 
 

ペンギンをはじめ、カワウソやスナメリなど愛嬌たっぷりの動物たちにも出会えます。
 
 

お昼はカキの名店へ。
 
 

念願の生ガキ!!
磯の香りと濃い旨味は、産地ならではです。
 
 

カキのだしをたっぷり含んだ炊き込みご飯の上に
さらにカキが刺さったカキおにぎり。
ミツバと海苔がいいアクセント。
 
 

フェリー乗り場へ向かう途中、いたるところで出くわす鹿さん。
母鹿が小鹿をグルーミングしている姿は愛くるしくてたまりません...。
 
 

最後はフェリー乗り場正面にあるフクロウと触れ合えるお店へ。
凛々しいミミズクに心奪われ、
 
 

めちゃくちゃキュートなおめめパッチリさんにノックダウン。
 
 

けして正面を向いてくれないツンデレにヤキモキし...
 
 

ふわっふわのメンフクロウでトドメを刺されます。
 
 

おさわりは頭から背中にかけて、必ず手の甲で。
お約束を守れば噛みつかれたりすることもなく、ジッと撫でられてくれます。
 
あとはお土産を買いこんで帰路へ。
世界文化遺産に登録された厳島神社と旬の牡蠣と
その他ついでのモロモロをバッチリ楽しんだ旅となりました。
 
 
 

安芸の宮島 その3

2016年12月18日

 
スーパーをはじめ、いろんなお店で
クリスマスとお正月がゴッチャになっていますね。
賑々しく慌ただしいこの雰囲気。
キライじゃありません。
 
 
こんにちは。
なんとか財布のヒモをギューーーッとひっぱって、
「この時期しか食べれないよ~?」な素敵foodsへの浪費を
抑え込んでいる甲斐です。
 
 
 
さて、間延び気味な旅行記ですが、もうしばしお付き合いくださいませ。


2日目は朝から厳島神社を参拝。
鮮やかな朱の回廊と緑の海藻とのコントラストがキレイでした。
 
 

灯篭から大鳥居へ。
スケールの大きさにただただ感心。
 
 

この日(11月23日)は新嘗祭だったため、神事が執り行われていました。
装束に身を包んだ方が現れると、まるでタイムスリップしたような景色に。
 
 

見事な太鼓橋のアーチ。
天皇の勅使が使ったとのことですが、かなり助走をつけないと登れなさそうな傾斜です...
 
 

大鳥居へ到着するころには、少しずつ潮が満ち始めていました。
残念ながら真下での記念撮影は断念。
 
 

実際にここまで近づいてようやく分かるこの大きさ!!
これが木だけで組まれているんですよねぇ...
しかも、地中に打ち込んだ杭の上に乗っけてるだけ...
これまで何度か作り変えられてはいるものの、倒れたことは一度も無いそうです。
...とまぁ、周りにたくさんいるガイドさんたちの話を聞きかじりながら、
ひたすら見上げたまま放心。
ちょこっとだけ柱にペシペシとおさわりして陸に上がりました。
 
次回は2日目午後からシメに入ります!
いろんな動物が出てくるよ!
たぶん、年内に更新予定...。
 
 

安芸の宮島 その2

2016年12月11日

 
12月も半ばに差し掛かり、とうとうダウンコートの登場です。
風を通さないうえに、軽くてあったか。
滋賀の冬には欠かせませんね。
 
 
こんにちは。
ダウンコート、手袋、自転車。
気づけばすべてグリーン1色。
流行のワントーンコーデ先取りの甲斐です。
 
 
 
さて、旅の続きは1日目の後半へ。

歩き疲れた体を広島市内のオサレカフェで癒します。
好みに合わせてオススメされたサードウェーブコーヒー。
コクと香りが豊かで美味しかったです。
 
 

商店街周辺にはチラホラ素敵な雑貨屋さんがあり、
地元の隠れた魅力を教えてもらいながら、
楽しくお土産ショッピング。
 
 

夕飯ももちろん牡蠣!!
アヒージョになると旨味もまた濃厚!!
ガーリックオイルを浸み込ませたバゲットにオンで
美味しくないワケがありません。
 
 

宮島の風景の一部、鹿さん。
山に帰るでもなく、フェリー乗り場近くの広場で普通に休んでました。
 
 

夜に出歩くと、ライトアップされた大鳥居が見られます。
スマホ撮影だと迫力をお伝えできないのが残念...。
 
 

お宿は奮発してちょっといいとこを予約。
部屋では名物もみじまんじゅうが待機してました。
キーよりはるかにでかいキーホルダーは、こちらも名物、杓文字。

ほかにもレモンかりんとうなどが用意されていて、
地元愛あふれるおもてなしにほっこり。
ぐっすり休んで2日目に備えます。
 
 

安芸の宮島 その1

2016年11月27日

 
秋に続いて不意打ちで容赦なく突撃してきた冬。
みなさま、お変わりはありませんか?
 
 
こんにちは。
普段はあまりカゼをひかないほうなんですが、
今年は急転直下で体調を崩して2日間寝込んでしまった甲斐です。
 
 
さて、本日からしばらくは、わたくしの旅日記にお付き合いくださいませ。
1泊2日で訪れたるは広島&宮島。
目的は世界文化遺産に登録された厳島神社と旬の牡蠣とその他ついでのモロモロ。
 
まずは初日のお昼、到着早々に

ミシュランにも掲載されたという「いっちゃん」へ。
 
 

ぴっかぴかにお手入れされた鉄板の上で、麺と牡蠣が蒸し焼きされ...
 
 

キャベツたっぷり。
素材の味を活かしたあっさりめの広島焼きをいただきました。
大粒の牡蠣は身がプリップリ!
えぐみや雑味がなく旨味がギュギュっとつまっていて、美味!
 
 

平らげるとオタフクさんのほほえみに出会えます。
 
 

移動中に見つけたのはご当地看板。
牡蠣だけじゃなく、ちゃんとレモンもいる芸の細かさ。
 
 

午後からまわったのは日本の歴史公園100選にも指定されている「縮景園」。
浅井長政の二男、長晟が命じて作らせた藩主の別邸が起源の回遊式庭園です。
 
 

この茶室をはじめ、原爆投下でそのほとんどが荒廃し、現在の姿は戦後に再建されたもの。
 
 

できることならこの花頭窓も建築当時のものを見たかったですね...。
 
 

園内は紅葉シーズン真っただ中!
緑から赤へのグラデーションも...
 
 

真っ赤に色づいた木々もきれいでした!
 
京都寺社仏閣の庭園とも金沢の兼六園とも違う印象の縮景園。
その名の通り、いろんな植物や景色や要素がたくさんつめこまれているんですが、
ゴチャゴチャした感じやチグハグした感じはなく、とても心地よく散策できました。
 
ガイドブックにはぐるっとまわって所要時間30分と書かれていましたが、
満喫しながらゆるゆる巡り歩いていたせいか、ゆうに1時間半は滞在。
庭好きの方にはおすすめスポットですが、ペース配分と体力に要注意です...。
 
 

うどん旅にいきましたよ~^^ 1

2016年04月30日

こんにちは!
なんと、もう4月も終わってしまう。。
早いものですね。
みなさまはGW休日をお楽しみでしょうか?
5月に入られてから休日の方も多いのでしょうか。
通勤で通っております湖岸が賑わう時期になってきましたね^^

私は先日、休日を家族であわせまして
弾丸うどん旅に香川県に行ってきました!
早朝出発で夜に帰宅。
ハードな旅ではありましたが、
家族みんなのお休みを合わせるのはなかなか難しく
1日にぎゅっと楽しみを詰め込むものとなりました。
運転をしてくれていた父には大感謝です。

さぬきうどんメインの旅でしたので
この旅行中に食べるものはうどん1択!
さて、私は何食うどんを食べられたのでしょうか。

まず1軒目 


 
朝の7時30分ころにはお店に到着。
朝ごはんとしていただきました!
このお店は 釜揚げうどん が美味しいと言われているところだったのですが
ついつい私が好きな かまたまうどん を注文しました。
感想は
「すごく美味しい!」
久しぶりに出来立ての本場のさぬきうどんを食べまして
すごく幸せでした。早起きした甲斐がとてもあります。
地元の方々が朝ごはんとして食べに来られているのがうらやましい限りです。
 
そして2軒目
 

 

8時すぎには到着。
ここまでのうどんペースはとても速いですね。
このお店こそが かまたまうどんのお店、発祥のお店であったはずです。

こんなブログを書いていますと
その時の記憶がよみがえってきて、とてもお腹がすいてくるのですが・・・
ここのうどんもとても美味しい!!
さすが かまたまうどんのお店! だしとたまごの組み合わせが絶妙です。
母と かまたまうどん と 冷たいうどん を半分こしたのですが
冷たいうどんはコシがしっかりしていて
とても食べ応えありました。

今回のブログはここまでとします。
ここまでで2食。
まだ朝なのに2食も食べてしまいました、幸せですね。

それでは次回もこの話題を書かせていただきます。
以上、曽我でした~!

研修に行ったときのおたのしみ

2016年02月27日

こんにちは~!
2月はもう明日までなの!と焦っておりましたが
あ、今年は29日まである^^と
ちょっと得をした気分の曽我です。
 
今週は3日連続で研修に行ってまいりました。
いつも滋賀県にこもっておりますので・・
都会の街へと向かう電車などは疲れてしまうのですが
勉強になることがたくさんありました。 

1番楽しかったのはお家の見学会!
やはりお客様の思いがたくさん詰まったお家はわくわくしますよね~^o^ 
弊社も3月にお客様の家の完成見学会をいたしますので
ぜひお越しくださいね!すごく刺激のあるお家だと思います。
 
そして研修で他県を訪れるおたのしみと言いますと・・
「 食 」ですね。
私の最近のブログは食ばかりですが、次回ぐらいには違う話題を!
と思っておりますのでもう少々お付き合い願います。
 
岡山県と愛知県に行ったのですが名古屋といえば 
ひつまぶし! 

まずはウナギとたれの味をそのまま楽しみまして
 

出汁と薬味を追加して、また味わう。
みなさんで美味しい~と食べさせていただきました。
 
そして、私が個人的に好きなお店の味噌カツ!
 
お昼ご飯に、と都合により一人で行ってきました。
女子ひとりで恥ずかしいかな?と少し頭をよぎりましたが
好きなものを食べておかないと後悔しますからね^^
やっぱりここのが好き~と幸せをかみ締めてきました。

2019年6月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram