使いやすいキッチンの間取りについて注文住宅業者が解説 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

使いやすいキッチンの間取りについて注文住宅業者が解説

「キッチンの間取りはどのようにすると使いやすいのだろう?」
毎日料理をする場所になるキッチン、なるべく使いやすい間取りにしたいものですよね。
そこで今回は、キッチンの間取りを考える際に押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

□使いやすいキッチンの間取りについて

*キッチンの使いやすさは三つのものの位置関係で決まる

キッチンは狭いと料理をするのに窮屈に感じたり台の上が混雑して、あまり安全でなくなったりしてしまいますが、広いほど良いとも限りません。
広すぎるとそれはそれで移動する手間が積み重なり、全体でみると大きなロスになってしまうこともあるのです。
特に料理においては一度の作業において同じような動きを何度もすることになりますので、快適に使えてかつ無駄にならないような配置を考えることが大切になります。
具体的には、冷蔵庫・シンク・コンロの位置に目を向けてみましょう。
これらは料理の際によく立ち寄る場所であり、この三つを結ぶ三角形の長さがどのくらいであるかによって使いやすさが変わってくるとされています。
実際にショールームなどでいくつかのキッチンを見ながらご自身にとって使いやすい配置とその長さがどのくらいかということを確かめてみましょう。

*豊富な収納でさらに使いやすく

キッチンでは食器や調理機器のほか食品や調味料など様々なものを使いますよね。
毎日使用するものでありながらも調理時に散らかってしまっては料理をするのも大変になりますので、パントリーなどの豊富に収納できる場所があればよいでしょう。
容積が広く食器にとどまらず常温保存のできる食品や機器をしまえて、かつ家の一部として収納場所を確保することでデザインとしてもおしゃれな感じに仕上げることができますので、キッチンにゆとりがあるようであれば採用されても良いかもしれません。

*キッチン台の配置で気を付けるべきことは?

キッチン台の配置も間取りを考える上では大切です。
なるべく面積を取りたくないという場合であればキッチン台が壁に付いているタイプを選ぶことをおすすめいたします。
料理をするときも家族との会話をしやすい状態にすることを希望する場合には対面式のキッチンにされても良いでしょう。

□最後に

今回は、キッチンの間取りを考える際に押さえておきたいポイントをご紹介いたしました。
こういった間取りは注文住宅であれば自由に設計することができます。
従来よりも広くて便利なキッチンをご希望でしたら、注文住宅を検討されることがおすすめです。

  • 2019年02月20日 更新
無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram