家事動線を考えた間取りについて注文住宅業者が解説 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

家事動線を考えた間取りについて注文住宅業者が解説

「家事のしやすい間取りにしたいな。」
家事は毎日行うものですから、少しでも快適にできるように間取りを考えたいものですよね。
そこで今回は、家事動線を意識した間取りについてお話しいたします。

□家事動線を考えた間取りについて

*回遊動線を考えた間取り

特に朝方はすることも多くあって忙しいので、なるべく自由に動けるようにしておきたいものです。
その工夫としておすすめのものに回遊できるようなつくりにしておくというのがあります。
たとえばキッチンと洗面台とリビングにおいて二方向の出入り口を設けておくことで、他の家族が通ったときに邪魔に感じることも少ないですし、他の部屋にいくのに遠回りすることも少なくなるでしょう。
複数の通路があって全体として回遊できるように間取りを工夫することでより使いやすい場所にしていきましょう。

*洗濯を考えた間取り

洗濯の際には、洗濯物を洗い干してから収納するという動きがあります。
料理に比べると一日に何度も行うものでもありませんが、それでも洗濯物を持って階段を移動するような間取りにしてしまうと負担が大きくなってしまうかもしれません。
そこで洗濯機のある場所と干す場所をなるべく近くに配置するという工夫が重要になります。
また、衣類を収納する場所は個々の部屋でも良いのですが、動線を意識するのであれば干す場所に近いところにクローゼットなどを設けてまとめて収納できるようにしておくと良いでしょう。

*ものを使う場所と収納場所を近接させる

ご家族が趣味にしているものやお子様の遊び道具など、家の中では様々なものを置いておくことになりますよね。
そういったものを収納できる場所はなるべく使う場所に近いところが良いでしょう。
アウトドアの道具であれば玄関に、子供の遊び道具は子供用スペースに隣接させてといったような間取りの工夫をすれば動きも少なくなりますし、収納することが面倒になりにくいので物で散らかるという可能性も下げられます。

□最後に

今回は、家事動線を意識した間取りについてお話しいたしました。
建売住宅になると既に建てられており、建築前であっても間取りが決まってしまっているためご自身の希望に沿うものが見つからないかもしれません。
一方で注文住宅は設計から行っていくことになりますので、間取りについても自由に決めることができます。
家事動線を意識した間取りを実現するのであれば注文住宅を選ばれることがおすすめです。

  • 2019年02月24日 更新
無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram