注文住宅業者が解説、自然素材のメンテナンス方法について | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

お役立ちブログ

注文住宅業者が解説、自然素材のメンテナンス方法について

「注文住宅を建築する際には自然素材を使った住宅が良いな。でも自然素材はメンテナンスが面倒なような気もする…」
自然素材は熱を伝えにくく湿度を調節する機能もあって住宅の快適さを満たせるような魅力を多く備えていますが、どのようにお手入れをしていくのかも気になりますよね。
そこで今回は、自然素材に対するメンテナンス方法についてご紹介いたします。

□自然素材のお手入れ方法について

*床の自然素材に対して行うお手入れ

床の自然素材として用いられているのが多いのは無垢材と呼ばれる木材です。
種類によって特徴が違い、ぬくもりを感じられる床材として人気を集めています。
その床材ですが、水で濡れた雑巾で汚れを拭き取るということはあまりおすすめいたしません。
無垢材は種類によっては水に弱く、水分を含むことによって劣化が加速してしまうためです。
そこでお手入れとしては、乾拭きで軽く拭き取ることを心がけましょう。
乾拭きでは除けないような汚れには中性洗剤を含ませた雑巾を使う方法もありますが、しっかりと絞って洗剤が残らないように心がけることが必要です。

*壁の素材に対して行うお手入れ

壁の素材として使われているものとしては、木材・漆喰・珪藻土などであることが多いです。
ここに付いた汚れを落とすのは意外にも簡単で、多くの場合は消しゴムでこすると落ちるとされています。
汚れが付いていない場合には、埃をはたいたり掃除機をかけたりするくらいで済ませられるでしょう。

□長期的な視点でできるお手入れ方法は?

ちょっとした汚れについては日々の軽いお手入れで取ることができるかもしれませんが、年月を経ていくにつれて耐久性も失われてきますので、簡単なお手入れでは落ちない汚れも出てくるものです。
そういった長期的なことも踏まえて対策をしておくというのも良いでしょう。
具体的には塗装や加工をすることで耐水性の機能を持たせるのが一例です。
浴室・洗面所・トイレなどの水回りは特に自然素材を使用すると他の場所と比べても汚れが付きやすかったり劣化が早かったりするという難点があります。
耐水性が出るように工夫しておくことがおすすめです。
具体的にはシートを被せて保護したり防水加工を施したりすると良いでしょう。

□最後に

今回は、自然素材の家のメンテナンス方法についてご紹介いたしました。
自然素材はお手入れが大変なように思われているかもしれませんが、実際のところはそれほど大変でもありません。
それよりも身体への優しさや生きている素材ならではのぬくもりを感じられるなどの魅力が多い材料ですから、注文住宅を建てる際には前向きに検討されることをおすすめいたします。

  • 2019年03月4日 更新
無料相談会
資料請求
菱和ホームの家づくり
はじめての方へ
SPEC
renovation
FLOW
スタッフ紹介
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram