2018 5月 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

2018/05

注文住宅を建てる際の進め方とは?4つのステップに分けてご紹介!

2018年05月30日

注文住宅はご自身の裁量で決められるのが魅力ですが、その分考えることも多くなります。注文住宅でお家を建てる際は、適切なステップと知識を把握して臨む必要があります。

手順を押えて、あなただけの理想のマイホームを手に入れましょう。

今回、注文住宅を建てる際の進め方についてご紹介します。

1.資金計画を立てる

お家を建てようと思うと、土地代や住宅の本体価格、付帯工事費、その他経費など出ていくお金はたくさんあり、意外に住宅本体に充てられるお金はあまりありません。

資金計画によって予算を把握しないと、どれくらいご希望に沿ったお家が建てられるかも分かりません。また誤った計画を立ててしまうと、住んでから大変な日々を過ごすことになってしまいます。

注文住宅でなくとも資金計画を練ることは需要ですが、注文住宅であると特にその重要性は高まります。

2.住むエリアや地域を絞る

住む場所については、仕事が最も関係してくると思います。仕事を軸に、利便性や教育・医療環境など快適に過ごせそうな場所を選んでいきましょう。

土地のお値段は幅を持たせ、いくつか候補を要しするのがおすすめです。

3.理想のお家をイメージ

どんなお家にしたいか家族で話し合いましょう。木のお家にしたい、洋風なお家にしたいなど家の外観や内装をご自身のお好みとこだわりをすべて取り入れたお家を考えて下さい。

そのお家が実現可能かどうかは、依頼する会社の担当者と話し合えば良いので、とりあえず理想のお家を考えてみて下さい。

情報収集ではネットやカタログ、モデルハウスを参考にイメージをより具体的なものへと仕上げていきましょう。じっと座っているのではなく、実際に足を運んでみるのがおすすめです。

4.見積もりを依頼する

見積をお願いする際は複数社にお願いしましょう。これを相見積もりと言いますが、相見積もりをすることで工事にかかる費用を比較することができるので、適正価格を把握することができます。

しかし、注意が必要で、見積もり書を確認する際は、工程・材料費・見積もり書以外の費用にもしっかりと注目して下さい。工程を省いたり、安価な材料を使ったりすれば価格を下げることは簡単にできてしまいます。価格だけで判断するのはやめましょう。

また、見積もり書も会社によって異なるので、記載されているものといないものをしっかりと確認して下さい。

注文住宅をお考えの方は菱和ホームまでお気軽にご相談下さい。お問い合わせはホームページから可能です。

注文住宅における打ち合わせの内容とは?知っておきたいつ3つの注意点とは?

2018年05月28日

注文住宅は細かいところまでご自身で決めることができるので、打ち合わせのボリュームも大きくなります。

しかし、打ち合わせではどんな話や準備、心構えが必要なのか初めてお家を建てる方にはなかなか想像できません。

そこで今回、注文住宅の打ち合わせ内容と注意点をご紹介します。

○打ち合わせの内容とは

打ち合わせは主に予算や間取りになります。ご自身に合った資金計画やお好みの間取りにするために入念な話し合いが行われます。

打ち合わせの回数や期間は人や工事内容にもよるので、一概には言えませんが、回数については10~20回、期間については2~3か月、長い人で半年になります。

○打ち合わせに関する3つの注意

1.資金計画はお早めに

住宅ローンをご検討されている方は早く動き出す必要があります。検討するタイミングとしては、家族と話していてお家を建てる話が出た時に最初に行って下さい。

と言うのは資金計画を決められないと、予算が決まらず、お家に関する話合いが進まないからです。そうなると打ち合わせの回数や期間も延びてしまうので、工事へとスムーズに移れません。

また、ローンが通らない、厳格提示されるといったことが起こった場合、原因を突き止めないいけないので、時間がかかってしまいます。

注文住宅は特に予算が変動しやすいので、資金計画を早い段階から立てておきましょう。

2間取りは情報整理が大切

夢のマイホームであるために、なかなか決まらないということがよくあります。カタログやモデルルームの見学で理想像ができたら、担当者に話しましょう。

ご希望通りになればよいのですが、ならないということも多々あります。

できることとできないことを整理し、またできないことを他で置き換えられないのかをお聞きしましょう。

情報収集では実物を見るようにして下さい。写真ではわからなかったことや、イメージと違ったことが肌で分かります。

3.相手の意見を聞きいれつつ、主導権を握る

担当の方は長年のノウハウや実際にお家を建てた方からのご意見を持っているので、資金や間取りに関して良いアドバイスをしてくれます。

しかし、時にはご自身の方向性とは違う意見が出されることもあるでしょう。その時はしっかりと家族で話し合い、”ご自分で”決めるようにしましょう。希望通りのお家にならなかったときに、どうしても悔やまれます。

担当者の意見をしっかりと聞き入れ、吟味した上でご自身の決断をしましょう。

菱和ホームではお客様を第一に入念な打ち合わせのもと、工事を進めていきます。注文住宅をお考えの方は是非ご相談下さい。

注文住宅で最も後悔が多いのは収納スペース!?後悔しないための3つのコツとは

2018年05月25日

注文住宅でしっかりと考えてほしい一つが「収納」です。

子供の成長につれて、収納スペースが全く足りなくて困っているというお悩みを抱える方はたくさんいらっしゃいます。今回、収納の重要性と後悔しないための3つのコツについてご紹介します。

○後悔ランキングで1位!?

注文住宅では間取りやインテリア、外観などご自身で決定できるので、お好みのスタイルにアレンジすることが可能です。

しかし、自分で決められるというのはとても魅力的ですがが、ときには悪い方向に働くことも。注文住宅で建てた後、後悔した部分で最も多くの意見が寄せられるのが「収納スペース」です。

新築時は子供も小さく、また人数も少ないので「これくらいで十分だろう」と安易に収納スペースを決めてしまいます。しかし、いざ子供の人数が増え、大きくなると「もっと収納スペースを確保しておけばよかった」と後悔に繋がるのです。

○後悔しないための3つコツとは?

こういった後悔を防ぐにはどのようなコツがあるのでしょうか。

・玄関収納は気持ち多めに

お家を建てる際、リビングの広さやキッチンなどに頭が行ってしまい、玄関について考えるのが疎かになってしまう傾向が皆さんあります。

お好みの靴やTPOに合わせた靴を合わせると想像以上に多くなりますし、加えて子供が大きくなると靴の収納スペースはより必要となります。

お家を建てる際は、玄関の広さだけでなく十分な収納スペースがあるかを確認し、ご自身の実家などを参考にして収納スペースの目安を知りましょう。傘置き場おスペースも忘れずに。

・子供部屋のクローゼットは中身もしっかりと考える

子供の成長に合わせて、物も増えていきます。小さいころはおもちゃ大きくなれば制服、部活動の道具など成長過程に合わせて様々なものがあります。大きいクローセットを設置することも重要なのですが、クローゼットの中身も大切です。

皆さん吊り棚やハンガーラックは取り付けるのですが、引き出しや衣装ケースを置くスペースはおけるのかの確認が必要になります。

物の量だけでなく、種類も多くなるので分別できる中身になっているかもしっかりと考えておきましょう。

・お家の収納率を知る

お家の面積に対する収納スペースを収納率といいますが、十分な収容率は10%以上と言われています。

しかし、多くの既存住宅は6~7%しかないと言われており、建てた後に後悔してしまうことになっています。

後悔しないためにも、設計の段階で10%の基準が守れているかを調べましょう。

菱和ホームで住みごやすいお家づくりをしませんか。ご相談等ございましたらホームページからお気軽に問い合わせ下さい。

工務店はどうやって決めるの?おすすめする4つの選び方をご紹介!

2018年05月23日

お家を建てようと思い、いくつかの工務店には絞ったが、これからどう決めていけば分からないという方は多いと思います。

会社を決定していく段階になると、理論的なデータももちろん大切なのですが、感情的な要素もとても重要となってきます。

今回、工務店決める際に大切な4つの選び方についてご紹介します。

1.業態を知る

工務店と言っても会社によって業態は様々で、新築住宅だけ対応しているところもあれば、マンションや店舗工事も行っているところもあります。

新築を多く扱っている会社であれば、幅広く対応する会社よりも新築に関してはノウハウが多いですし、お客様のこだわりに寄り添ってくれる傾向があります。

また、その会社のコンセプトもしっかりと確認しておきましょう。無垢材などの自然素材を専門とした工務店もあれば、デザインや機能性を重視した工務店もあります。比較する際は、他者とどんな点で違うのかを見極め、あなたに一番合った工務店を選びましょう。

2.自社施工であるか

契約だけ結び、後は下請け会社に工事を任せる工務店もあるので、注意して下さい。自社施工で行うメリットは2つあります。

1つは工事の責任が分散せず1つに収まるからです。下請け会社に任せる工務店はトラブルが起きた際に、契約した工務店に問題があるのか、下請け会社に問題があるのか、分かりにくいですし、最悪の場合水掛け論になりかねません。

もう一つは、契約会社と下請け会社の間でマージンが発生しないので、自社施工を行っている工務店は、行っていない工務店と比べて費用を抑えることができます。

3.工務店の人を見る

しっかりとした工事を行っている会社でも、あなたの要望を聞いて入れてもらえない、どこか合わないと感じるのであれば、他を検討する方が良いでしょう。

しっかりとヒアリングをし、あなたの希望に沿った資料を集め、生活スタイルも含めた広い視点を持つ工務店が良いです。

話していて、「話しやすい、信頼できそう」といった気持ちになればあなたに合った工務店だと言えます。

4.実際に手掛けたお家を見学

オープンハウスや過去に工事したお客様のお家を実際に見てみましょう。

どんな素材を使っているのか、どんな工事をしているのかをお家から知ることができます。

もし、過去のお客様からお話が聞けるのであれば、これほど参考になることはないでしょう。ネットの口コミ等も参考にしつつ、ご自身の足を使って積極的に情報収集しましょう。

高機能かつ自然素材で温もりがあるお家を手掛ける菱和ホームで、マイホームを造りませんか。ご相談等ございましたらホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。

オール電化って何が良いの?メリットを詳しくご紹介します!

2018年05月21日

キッチン、給湯、暖房など、熱を要するところを全て電気で回すお家を「オール電化」と言います。

電話でも「オール電化みしませんか」というご案内が来るかと思いますが、現在オール電化のお家が非常に多いです。現在新しくお家を建てようかと考えている方、リフォームを考えている方には是非オール電化をおすすめします。

オール電化にどんなメリットがあるかわからないという方もいらっしゃると思うので、今回オール電化のメリットについてご紹介します。

○オール電化でどこが変わるの?

キッチンでは電気を使って調理を行うIHクッキングヒーター、ガスが使用される給湯では電力でお湯を作るエコキュートや電気温水器、暖房ではエコキュートの熱を利用した床暖房や蓄熱ヒーターがオール電化によって快適に使用できます。

○オール電化4つのメリット

・お湯や暖房費が押さえられる

オール電化の料金プランは夜間の電気料金が安く設定されているので、その割安の時間帯を利用してお湯や暖房に使う熱を貯めておきます。オール電化で使用する夜間電力とガスを比べると夜間電力の方が安く、お得と言えます。

また、床暖房と聞くと高いとイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、オール電化による床暖房は、日中エアコンを使用したときの電気代よりも安く、コストを抑えられます。これもオール電化による夜間電力の使用のおかげなのです。

・基本料金を一本化に

ガスと電気を使用する住宅は、ガス・電気ともに基本料金がかかります。

しかし、オール電化にすると、ガスの基本料金はかからず電気の基本料金のみとなるので、費用を抑えることができます。

・安全性が高い

オール電化の魅力として火を使わないということが挙げられます。火を使わないので、何かに燃え移って火事になるといったことも少ないです。また、ガスを使用していて一番怖い、ガス漏れなども起こらないので安心してお出かけできます。

小さいお子様やお年寄りがいるご家庭では、特にオール電化をおすすめします。

・メンテナンスが簡単

ガスコンロを使用していると、油汚れや調理中の吹きこぼれによる汚れなどが溜まり、後から掃除する際にとても苦労します。

それに加え、複雑な形状をしているので、完璧に綺麗にするというのはなかなか難しいです。

しかし、IHクッキングヒーターは凸凹がなくシンプルな作りになっており、アルコールやちょっとした洗剤で一吹きするだけなので、お手入れが簡単です。

オール電化で快適なお家にしませんか。ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

注文住宅で人気のこだわりたい3つの箇所とは?ポイントを押え素敵なマイホームを

2018年05月18日

注文住宅はご自身の裁量の部分が多く、どうしてもこだわりたいポイントがありますよね。注文住宅で挙げられるこだわりポイントをお伺いすると、こだわりポイントとして挙げられるものが重なります。

注文住宅と言っても、皆さん気になるところは似ているようですね。

そこで今回注文住宅でこだわりたいポイントとして挙げられる、人気の3つの箇所をアドバイスと共にご紹介します。

○間取り

多くの方が、注文住宅でこだわりたいポイントとして間取りを挙げられます。間取りはお家の骨格なので、それにより雰囲気や景色が大きく変わります。

お好みの間取りにすることはとても大切ですが、間取りを考える上で忘れてはいけない3つの動線があります。

それは家事動線・生活動線・来客動線です。家事動線は家事をする際に効率よく、お掃除できるかということです。

複雑な間取りになるとその分、家事も大変になるので、年頭に置いておく必要があります。

生活動線はご存知でしょうか。生活動線は例えば、子供がお家に帰ってきたとき、顔を合わせて部屋に戻る作りになっているか、トイレがリビングや寝室から近いかなど、家族の関わりや利便性に影響を与える動線を指します。

良い生活動線ができていると便利で、家族みんなで賑わうお家になります。

来客動線は部屋に入ってキッチンが丸見えではないかといった、来客に適した間取りになっているかを指します。

全ての動線を完璧にすることは難しいですが、少し意識してみると良いでしょう。

○インテリア

床や壁をどんな素材にするかはとても重要なポイントです。

どんなお家にしたいのかによって、使用する素材が大きく変わってくるからです。

菱和ホームがおすすめするのは、自然素材のお家です。

自然素材のお家では、壁は漆喰、床は無垢材と天然素材に囲まれた快適な居住空間になります。天然素材のリラックスする香りと共に、高い機能性が魅力的です。

○外観

外観はお家の顔、こだわりたいという方も多いでしょう。

外観は主に形・色・素材できまります。形に関しては、例えば真っ平らな屋根と傾斜が急な屋根では同じ色でも印象が大きく異なります。

素材に関しては木の素材を使っているか、レンガを使っているかで見栄えが変わるでしょう。

外観を考える上で、色についてどうしても考えてしまう傾向がありますが、素材や形も意識して決めていきましょう。

注文住宅に関してご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

省エネ熱交換換気システムとは?その仕組みや3つのメリットをご紹介!

2018年05月16日

「省エネ熱交換換気システム」という言葉はご存知でしょうか。10年ほど前から熱交換換気システムが広まり、現代の気密性の高いお家には大変便利な換気システムとなっています。

その便利な熱交換換気システムが改良され省エネ熱交換換気システムとなったのですが、一体どのようなものなのでしょうか。

今回、省エネ熱交換換気システムについて仕組みや3つのメリットについてご紹介します。

○省エネ熱交換換気システムとは

換気を行う際、窓を開けたり、換気扇を回したりすることでお家の空気と外の新鮮な空気を入れ替えます。

しかし、冷暖房を入れている場合、せっかく快適な温度になった空気が外へ逃げてしまいます。もったいないと感じたことがある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、熱熱交換換気システムでは換気で逃げる空気が持つ熱エネルギーを回収し、外気を室温に近づけてから取り込む作業を一台で行っています。そのため、節電効果も高く、温度も一定に保つので快適なのです。

高い熱エネルギー回収率を実現するのが「省エネ熱交換換気システム」なのです。

○省エネ熱交換換気システムの仕組みとは

熱交換素子という特殊な紙上の板に隙間を空けながら、何層も積み重なったものがあるのですが、熱交換素子の隙間に冷たい空気と暖かい空気を交差させることで熱交換を行い、外の空気を室内の温度へと近づけます。

○省エネ熱交換換気システムのメリットとは

・従来の熱交換装置よりも高機能

従来の熱交換換気システムでは熱交換が約70%程でした。

しかし、省エネ熱交換換気システムでは熱交換率が90%になります。熱交換率は室内温度に対するパーセンテージを表し、冬に室温20℃であれば、外気を18℃にして外気を取り込むことになります。

・冬や夏でもお部屋で快適に過ごせる

冬や夏に冷暖房が効いた快適なお部屋にいる際、換気はとくに面倒なものですよね。外気が入ってくるので、外気に触れますし、部屋の温度が乱れます。

また、換気のために腰を上げるのが特に億劫になります。

しかし、省エネ熱交換換気システムでは自動で換気を行うので重い腰を上げて換気する必要もありませんし、90%という高い熱交換率を誇るので部屋の空気を一定に保ちます。

・花粉をカット

給気フィルターでは花粉やPM2.5を約99%カットしてくれます。

外気を取り込む際も、綺麗な空気にしてお部屋へと流してくれます。

また、給気フィルターや排気口のお掃除も簡単に行えるので、大変便利です。

省エネ熱交換換気システムは熱効率の良いお家にしながら、換気もできる便利なものです。菱和ホームで快適なお家を作りませんか?

ご相談等ございましたらホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。

シックハウスの対策には漆喰壁がおすすめ!その魅力たっぷりの特徴とは

2018年05月14日

新しいお家に住むことになった、またはリフォームをしたという方に健康トラブルが起きることがあります。実はシックハウス症候群と呼ばれるものが関係していることが少なくありません。シックハウスの主な原因として、壁材に含まれる化学物質がよく挙げられ、ご家庭で多く用いられるビニールクロスにたくさん含まれています。

そこで、最近シックハウス対策として、注目を浴びているのが漆喰の壁です。今回、その漆喰の壁の特徴についてご紹介します。

 

○シックハウスとは?

お家の空気が汚染され、頭痛やめまいなどの様々な健康被害が起こることをシックハウス症候群と言います。シックハウスは新築やリフォーム後の住居に起こる可能性が高く、壁材に使用される接着剤中のホルムアルデヒドや有機溶剤の蒸発が原因で起こります。

また、壁材に使用される化学物質だけでなく、換気の悪さからくるカビやダニの繁殖、石油ストーブなどの一酸化炭素や二酸化炭素、窒素酸化物によっても引き起こします。

以上の点から、シックハウスを防ぐ第一歩として、なるべく化学物質が少なく、換気性の良い壁材を使用するのが好ましいと言えます。

 

 

○シックハウスに有効な壁材とは?

現在多くの住宅で、壁にはビニールクロスという素材が使用されています。価格が安く、施工も早いのでたくさんのご家庭に普及していきました。しかし、揮発性有機化合物などの化学物質を含むのでシックハウスを引き起こす原因としても問題視されています。

そこで、シックハウス対策として再注目されているのが、漆喰の壁です。漆喰は日本に古くからある工法です。主な材料は消灰石で、これに麻や藁、海藻糊を加えた化学物質を含まない自然素材になっています。

 

 

○シックハウス対策バッチリ!漆喰壁の特徴とは

・問題の化物質を分解

漆喰にはたくさんの魅力がありますが、特に大きなメリットはシックハウスの発生原因となる揮発性有機化合を吸着・分解することです。このため漆喰はシックハウスの発生率を抑え、小さなお子様をはじめ家族の暮らしを守ります。

 

・調湿機能でカラッと快適に

シックハウスの発生原因となるカビやダニの繁殖にも効果があります。漆喰は湿気を吸ったり、吐いたりする機能があり、ビニールクロスと比べて約10倍以上の調湿機能を誇ります。適度な湿度を保つことで、快適かつ安全なお家にしてくれます。

 

・消臭効果

臭いが体に及ぼす影響は意外にも大きく、臭いが悪いと体調不良や精神的ストレスを引き起こすことも。しかし、漆喰は臭いの元となるカビや細菌を分解してくれるので、お家を良い臭いに維持してくれます。

 

快適なお家に漆喰はいかがですか。ご相談等ございましたらお気軽にご連絡ください。

安心・高機能の無垢材の溢れるメリットをご紹介!これであなたも無垢材で決まり

2018年05月11日

近年、自然素材である無垢材が注目を集めているのはご存知でしょうか。大理石や似た素材である合板など様々な素材がある中で、無垢材が持つ木本来の良さが見直されています。

しかし、無垢材にはどんな魅力があるのでしょうか。そこで今回、無垢材が持つメリットを5つご紹介します。

○無垢材ってそもそも何?

無垢材とは木を継ぎ足す加工をしたものではなく、木そのものを指したものになります。スライスや板材を重ね合わせたものではないので、断面は綺麗な木目が確認できます。

合板フローリングでは出せない木の「温もり」や「味わい」があるため、高級感漂う雰囲気になります。

○無垢材にはどんな魅力があるのか

・温度を調節

木は断熱性があり、夏は涼しく、冬は温かくお家を保ってくれます。

コンクリートの約12倍と言われるその断熱性のおかげで、クーラーやエアコンの節電にも繋がります。

無垢材で快適にまた省エネに過ごしませんか。

・適切な湿度に

「木は呼吸している」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

天然の期は伐採後も呼吸を続け、空気中の水分を吸ったり吐いたりしています。

木には調湿機能があるので、湿気と汗でじめじめとする梅雨や夏もカラッとした室内を維持してくれます。

・細菌の繁殖を防ぐ

天然の木には、細菌が繁殖しにくいというメリットもあります。

先ほどの調湿機能と合わせて、ヒバやヒノキの精油成分であるヒノキチオールによってカビやその他細菌の繁殖を防ぎます。

また、その他の木材でもダニの発生の防止といった人の健康を維持してくれる効果があるのです。

・精神的ストレスの緩和

天然の木の香りが人体に及ぼす好影響は、皆さんも体感したことがあることだと思います。森林浴には、自律神経を安定させ、ストレス値を下げる役割があるので、とてもリラックス効果があります。

無垢材を使用することで、森林浴に似た効果が得られるので、お仕事や家事の疲れを癒してくれることでしょう。

・経年変化の魅力

一般的な素材であれば、古くなれば劣化が目立ち、味わい深さを感じるというのは難しいでしょう。

しかし、無垢材は時が経つにつれ、もちろん古くなりますが、味わい深い雰囲気を出してくれるのです。アンティーク家具が古くても味わいを出しているように、無垢材も変化を楽しむことができるのです。

無垢材にはたくさんの魅力があり、快適な暮らしを支えてくれることでしょう。

お家に関するご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

工務店とハウスメーカーってどう違うの?様々な角度から比較してみました

2018年05月9日

お家を建てる際、工務店にするかハウスメーカーのどちらかにするか悩みますよね。それぞれを定義する明確なものはないので、違いがわからないという方も多いと思います。しかし、どちらに頼むかによって費用や工事内容は大きく異なります。

そこで今回、工務店とハウスメーカーの違いをご紹介し、合わせて弊社の魅力も知って頂ければと思います。

○ハウスメーカーとは

ハウスメーカーという言葉に正式な定義はございませんが、主に大手住宅メーカーを指す言葉として用いられます。CMなどで目にするので、皆さんも良くご存知だと思います。

○工務店とは

工務店とは、主に戸建住宅を専門とし、その中でも地域に根付いた業者を指します。大手ハウスメーカーが画一的なのに対し、工務店はそれぞれに特徴があり、業務内容も様々です。

○二つにはどんな違いがあるのか

・価格

ハウスメーカーや工務店にもよりますが、多くの場合工務店の方が費用が抑えられます。理由としては、ハウスメーカーは広告宣伝費が工事費に上乗せされるので、最終金額が高くなる傾向にあります。

また、利益に対する宣伝費の割合が大きいと、工務店での費用と大きく離れることもあるのです。

・仕上がり

ハウスメーカーは工場での生産が多く仕上がりが均一であるのに対し、工務店は職人さんの腕によるところが多くその工務店の技術力によって差が表れます。工務店の技術力を確認したい場合は、その工務店の創業年数や施工数を確かめてみましょう。

工務店は比較的狭い地域での営業になるので、悪い噂が立つと長年営業を続けることは困難ですし、施工数も減っていきます。

施工内容の自由度は、工務店の方があると言えます。ハウスメーカーはある程度決められた「型」があり、そこから手を加えていくという流れだからです。

・アフターフォロー

ハウスメーカーは画一的な体制のもと、アフターフォローがしっかりとしていることが多いです。

工務店は、こちらも会社によってバラつきがあるので、一概には言えないのが正直なところです。

○菱和ホームの強み

会社によって色が変わる工務店ですが、菱和ホームは信頼と実績を積み重ねている工務店です。

・高品質へのこだわり

自然素材が注目される中、床は無垢材、壁はハウスシック対策となる漆喰を主に使用しています。

また、塗料も100%植物性にこだわり、木の温もりを引き出す内装に仕上げます。

・充実したアフターフォロー

完成した住宅は10年間の保証をお付けします。

完成までだけではなく、完成後も末永くお付き合いさせて頂きます。

・創業17年

お陰様で菱和ホームは今年で創業17年目を迎えることとなります。この間に、多くの実績と信頼を積み重ねてきました。

ご自身のプランに合う方を是非お選び下さい。何かご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram