2019 2月 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

2019/02

注文住宅業者が解説、子供部屋の間取りの考え方

2019年02月28日

「子ども部屋の間取りはどのように考えていくのが良いのだろう?」
注文住宅においては間取りを考えられることが魅力の一つで、実際に生活を想像しながら理想の形を追い求めていくのは楽しいものですよね。
しかし一方でなかなかイメージができずに悩んでしまうこともあるかもしれません。
今回は、子ども部屋の間取りの考え方についてご紹介いたします。

□子ども部屋の間取りの考え方

*子ども部屋を設けるべきか

そもそも子ども部屋が必要なのかということには正解はありません。
勉強はリビングに机を設ければできますし、家族そろって同じ部屋で寝るというのも幸せな話ですよね。
一方で特に思春期になると一人で過ごせるような場所が欲しくなるものです。
完全な子ども部屋として独立させるのは姿が見えずにこもってしまう可能性もありますので、そういった適度に距離を置きつつもそっと見守れるようにしたい場合には空間の一角に専用のスペースを設けるという形でも良いでしょう。

*どのくらいの広さがベスト?

子ども部屋あるいは子ども専用のスペースの広さとしては6畳~8畳ほどが良いでしょう。
これはシングルベッド・机・本棚などよく使うものを置いても空間に余裕ができる大きさとされています。
また、遊びや勉強に使う道具を収納できるような場所も一緒に設けておくことも大切です。
収納する場所がなくて散らかしてしまうのではなく、毎回わかりやすいように収納することは整理整頓の習慣を身につけさせることにも役に立つことでしょう。

*収納を活用して動かしやすい間仕切りを

子育てをする中で複数のお子様を授かることになるかもしれませんし、成長によって部屋の使い方は変わってくるものです。
このスペースについては収納を活用して間仕切りを設けておくと柔軟に変更することが可能になります。
そして、進学や就職などによってその家からお子様が離れてしまうこともあるかもしれません。
その際に何も使わずに放置しておくのも空間としてはもったいないですよね。
完全な仕切り壁にしてしまうと大規模なリフォームをして間取りを変更するしかありませんが、可動式の仕切りにしておけば新たな近い道を探る際にも手間をかけずに広さの変更ができます。

□最後に

今回は、子ども部屋の考え方についてご紹介いたしました。
こういった柔軟性のある子供部屋というのは広告などで流れている建売住宅ではほとんど見られません。
しかしながら、注文住宅は設計よりお客様にも携わっていただき一緒に考えていきますので、長期的にみて使いやすく快適性の維持できる間取りを実現できます。
家族の生活に寄り添い希望をかなえられる家づくりは注文住宅でなされることがおすすめです。

家事動線を考えた間取りについて注文住宅業者が解説

2019年02月24日

「家事のしやすい間取りにしたいな。」
家事は毎日行うものですから、少しでも快適にできるように間取りを考えたいものですよね。
そこで今回は、家事動線を意識した間取りについてお話しいたします。

□家事動線を考えた間取りについて

*回遊動線を考えた間取り

特に朝方はすることも多くあって忙しいので、なるべく自由に動けるようにしておきたいものです。
その工夫としておすすめのものに回遊できるようなつくりにしておくというのがあります。
たとえばキッチンと洗面台とリビングにおいて二方向の出入り口を設けておくことで、他の家族が通ったときに邪魔に感じることも少ないですし、他の部屋にいくのに遠回りすることも少なくなるでしょう。
複数の通路があって全体として回遊できるように間取りを工夫することでより使いやすい場所にしていきましょう。

*洗濯を考えた間取り

洗濯の際には、洗濯物を洗い干してから収納するという動きがあります。
料理に比べると一日に何度も行うものでもありませんが、それでも洗濯物を持って階段を移動するような間取りにしてしまうと負担が大きくなってしまうかもしれません。
そこで洗濯機のある場所と干す場所をなるべく近くに配置するという工夫が重要になります。
また、衣類を収納する場所は個々の部屋でも良いのですが、動線を意識するのであれば干す場所に近いところにクローゼットなどを設けてまとめて収納できるようにしておくと良いでしょう。

*ものを使う場所と収納場所を近接させる

ご家族が趣味にしているものやお子様の遊び道具など、家の中では様々なものを置いておくことになりますよね。
そういったものを収納できる場所はなるべく使う場所に近いところが良いでしょう。
アウトドアの道具であれば玄関に、子供の遊び道具は子供用スペースに隣接させてといったような間取りの工夫をすれば動きも少なくなりますし、収納することが面倒になりにくいので物で散らかるという可能性も下げられます。

□最後に

今回は、家事動線を意識した間取りについてお話しいたしました。
建売住宅になると既に建てられており、建築前であっても間取りが決まってしまっているためご自身の希望に沿うものが見つからないかもしれません。
一方で注文住宅は設計から行っていくことになりますので、間取りについても自由に決めることができます。
家事動線を意識した間取りを実現するのであれば注文住宅を選ばれることがおすすめです。

使いやすいキッチンの間取りについて注文住宅業者が解説

2019年02月20日

「キッチンの間取りはどのようにすると使いやすいのだろう?」
毎日料理をする場所になるキッチン、なるべく使いやすい間取りにしたいものですよね。
そこで今回は、キッチンの間取りを考える際に押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

□使いやすいキッチンの間取りについて

*キッチンの使いやすさは三つのものの位置関係で決まる

キッチンは狭いと料理をするのに窮屈に感じたり台の上が混雑して、あまり安全でなくなったりしてしまいますが、広いほど良いとも限りません。
広すぎるとそれはそれで移動する手間が積み重なり、全体でみると大きなロスになってしまうこともあるのです。
特に料理においては一度の作業において同じような動きを何度もすることになりますので、快適に使えてかつ無駄にならないような配置を考えることが大切になります。
具体的には、冷蔵庫・シンク・コンロの位置に目を向けてみましょう。
これらは料理の際によく立ち寄る場所であり、この三つを結ぶ三角形の長さがどのくらいであるかによって使いやすさが変わってくるとされています。
実際にショールームなどでいくつかのキッチンを見ながらご自身にとって使いやすい配置とその長さがどのくらいかということを確かめてみましょう。

*豊富な収納でさらに使いやすく

キッチンでは食器や調理機器のほか食品や調味料など様々なものを使いますよね。
毎日使用するものでありながらも調理時に散らかってしまっては料理をするのも大変になりますので、パントリーなどの豊富に収納できる場所があればよいでしょう。
容積が広く食器にとどまらず常温保存のできる食品や機器をしまえて、かつ家の一部として収納場所を確保することでデザインとしてもおしゃれな感じに仕上げることができますので、キッチンにゆとりがあるようであれば採用されても良いかもしれません。

*キッチン台の配置で気を付けるべきことは?

キッチン台の配置も間取りを考える上では大切です。
なるべく面積を取りたくないという場合であればキッチン台が壁に付いているタイプを選ぶことをおすすめいたします。
料理をするときも家族との会話をしやすい状態にすることを希望する場合には対面式のキッチンにされても良いでしょう。

□最後に

今回は、キッチンの間取りを考える際に押さえておきたいポイントをご紹介いたしました。
こういった間取りは注文住宅であれば自由に設計することができます。
従来よりも広くて便利なキッチンをご希望でしたら、注文住宅を検討されることがおすすめです。

注文住宅をする際には無垢フローリングを!特徴をお伝えします!

2019年02月17日

注文住宅を検討されている方で、床材に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
床材で悩みを抱えていらっしゃる方の中でも、

「無垢フローリングってどうだろうか?」

と疑問をお持ちの方に向けて、今回は無垢フローリングのメリットとデメリットについてお伝えします。

□無垢フローリングのメリット

*調湿作用がある

日本の夏は高温多湿です。
おそらく多くの方が毎年その湿気の多さに不快感を抱えているのではないでしょうか。
自然素材である無垢材は、複合フローリングにはない調湿作用があります。
部屋の湿度によって空気中の水分を吸収・放出しある程度一定に保つように作用します。
天然の調湿機と言えるのではないでしょうか。

*熱伝導率が低い

冬の朝に足先がフローロングに触れた際、伝わったひんやりとした感覚にハッとしたことはありませんか?
冬に気温が低くなると床が冷たくなりやすいので、素足では肌寒く感じますよね。
無垢フローリングであれば、熱伝導率が低いため素足でも体温が奪われにくく、より暖かく感じられます。
そのため冬でも心地よさを感じられるでしょう。

*癒し効果がある

森林浴を行なった際、心が落ち着きリフレッシュできた経験はありませんか?
これは森の木が発するフィトンチッドと呼ばれる化学物質の効果だと言われています。
このフィトンチッドは木材の本来持つ香りに含まれているため、無垢フローリングでも同様の効果が得られます。
また、その香りは不快なニオイを消臭・脱臭してくれる働きもあります。

*経年変化による深みがある

天然の木材を使うため、時間が立つにつれて木材の表情が変化します。
時間の経過とともに深みを増していき、見る目を楽しませてくれるでしょう。

□無垢フローリングのデメリット

*傷がつきやすい

無垢フローロングは天然素材であり柔らかい素材が多いので、角の尖った物やあまりに重たいものを落としてしまうと、傷がついたりへこんでしまったりします。
フローリングの全面を薄く削ることで、新品のように修復もできます。

*膨張と収縮が起こりやすい

木は水分を吸収・放出することで膨張や収縮を起こします。
これによってフローリングに隙間や反りが生じてしまうことがあります。
しかし、これらは施工前にあらかじめ行える対処法があります。
その対処とは、フローリングに用いる材木を選ぶ際に含水率が12%以下のものを選び、実際に貼る部屋に数日間置くことで、実際の環境に材木を適応させることです。
そうすることで反りによるトラブルの発生の可能性を低めることができます。

*掃除がしにくい

無垢フローリングは天然素材であり水に弱い素材が多いので、安易に水に晒すことができないので、水を使って汚れを取るのが大変です。
しかし、無垢材に塗装を行うことで汚れにくく、傷やシミをつきにくくすることができます。

□まとめ

今回は無垢フローリングのメリットとデメリットをお伝えしてきました。
無垢フローリングにデメリットは存在しますが、正しい対処法を取れば解決することができます。
調湿作用や癒し効果を含めた多数のメリットが存在する無垢フローリングをぜひ採用して、快適な暮らしを実現させてください。

注文住宅の無垢フローリングの種類は?3種類に絞ってお伝えします!

2019年02月13日

質感と肌触り、香りの良さを理由として無垢フローリングにしようと考えている方の中で、

「どんな木材を使おう?」

と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、そんな方のために無垢フローリングの中の

・パイン
・オーク
・アカシア

の3種類それぞれの特徴についてお伝えします。

□パイン

パイン材の価格はリーズナブルで非常によく使われています。
空気を多く含んだ柔らかい材質で温かみがあります。
そのため、足が触れた時の感触が優しく、快適性が高いのが特徴です。
パイン材の無垢フローリングを前にすると、思わず素足で歩きたくなってしまうかもしれませんね。
また、パイン材には節があるため、天然木の風合いを感じさせるナチュラル感が持ち味のひとつです。
そのため優しい印象を与えることができます。
一方で、パイン材特有の柔らかい材質が傷やへこみの原因になることが多いようです。

□オーク

無垢材の代表的な樹木です。
価格も比較的安価です。
長寿でゆっくりと成長する樹木であるため、しっかりした硬さがあり耐久性に優れます。
そのため、床に傷ができにくい素材がいい人におすすめです。
昔からウイスキーの樽や船の材料として使われてきた材木なので、耐水性にも優れています。
他の材木は水分や多量の湿気を吸収すると、ひび割れを起こしてしまうことがあるので、オークの場合はそれをあまり気にする必要がないので、手入れが楽にできそうです。
また、オークは木目が美しい特徴もあります。
そのため木目を生かしたかっこいい印象を与えるのに適しています。

□アカシア

近年注目されている木材に、アカシアがあります。
植林が進んでいるため、比較的安価で利用できる木材です。
独特の木目模様と深みのある色合いをしています。
その深い色味のおかげで床の汚れが目立ちにくいメリットがあります。
アカシアの色は、ダークなかっこいい印象を与えます。
船や家具に使われることがあるほど、アカシアは硬さを誇っています。
そのため衝撃に強く耐久性に優れています。
また、他の木材に比べて乾燥しているときに収縮しにくく、ひび割れを起こしにくい特徴があります。
また、シロアリにも抵抗力があり、腐りにくい特徴もあります。

□まとめ

今回はパイン・オーク・アカシアの3種類の無垢フローリングについてご紹介しました。
無垢フローリングはその香りで森林が持つ効果を発揮します。
私たちの心を休める手助けをしてくれたり、空気中の余分な水分を吸収して調湿をしてくれたり、熱伝導性が低いため温度をコントロールしてくれたりします。。
無垢フローリングに使う材を決める際の参考になれば幸いです。

注文住宅はどこにする?ハウスメーカーと工務店を比較

2019年02月9日

注文住宅を検討している方の中には

「注文住宅をどこに依頼すれば良いのだろう?」
「ハウスメーカーと工務店の違いってなに?」

このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、ハウスメーカーと工務店の特徴をお伝えします。

□ハウスメーカー

*メリット

・資金計画が安心
・完成物件を多く見られる
・保証がしっかりしている
・定期的なアフターサービスがある

ハウスメーカーの多くは全国的に展開しているお店が多いので、社名のブランドにより敏感です。
そのため保証やアフターサービスに力を入れているところが多く、見学会で展示している店舗数も多いです。
ハウスメーカーがある程度決定した規格内で注文住宅を立てることができるので、資金計画を立てやすいです。

*デメリット

 

・品質の割に価格が高いことがある
・規格から外れると高くなる
・建築知識が足りない営業マンがいることがある
・追加工事が多くなることがある
支払う金額には宣伝・広告費が含まれており、また、規格工事をほぼ前提として職人さんではないセールスマンが営業することが多いため、このようなデメリットが存在します。

□工務店の特徴

*メリット

 

工務店に依頼するメリットは

・何かあったらすぐに来てくれる
・しっかりした建物をつくってくれる
・施工後もしっかり家をみてくれる
・良い職人さんが集まっている

の4つです。

工務店は地域密着型であり、その地域を熟知した職人さんが丁寧につくってくれるのでこのようなメリットが存在します。

*デメリット

 

・工期が長くなりやすい
・見積書がわかりにくいことがある
・職人によって作業の質が左右される

職人さんは使い慣れた素材を使うことが多く、見積書に「〇〇一式」と記載することがあります。
そのため少し見積書が詳しくわかりにくい場合があります。

□菱和ホームはいいとこ取り?!

ここまででハウスメーカー と工務店のメリットとデメリットについてお伝えしました。
両者にそれぞれの特徴があります。
ここで「ハウスメーカーと工務店のメリットを持つ理想の会社があったらいいな。」
そのように考えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は私たちがその理想の会社になるかもしれません。

弊社の特徴をご紹介します。

・地域密着型の会社である
・しっかりとした施工を行う
・適正価格でいいものをつくる
・きちんとした見積書である
・完成物件を多く見られる
・保証がしっかりしている
・提案力がある
・デザインセンスがある

弊社はそれぞれの家族にぴったりのプランを提案する力があり、見学会で複数の完成物件をお見せすることができます。
ハウスメーカーと工務店のいいところを兼ね備えた菱和ホームです。

□まとめ

今回はハウスメーカーと工務店の特徴についてご紹介しました。
注文住宅を検討する際は、ぜひ弊社にご相談ください。
お待ちしております。

注文住宅の塗り壁は漆喰がオススメ!そのメリットを紹介!

2019年02月5日

「壁材ってどれがいいのかな?」

注文住宅を検討する際、壁材には何を使おうか悩むことがありますよね。
注文住宅に使う壁材を調べている方の中には、「漆喰」について聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「壁材を検討している方」や「漆喰について名前しか知らない方」へ向けて、漆喰を使うことのメリットをお伝えします。

□漆喰を使うメリット

*強アルカリ性である

アルカリ性が強いと、カビや雑菌が発生するのを防いだり消臭効果をもたらしてくれます。
これはアルカリ性が臭いの成分を分解して死滅させるからです。

*シックハウス症候群の原因とならない

人体に悪影響があると認定されている揮発性有機化合物(VOC)のホルムアルデヒドやトルエンはシックハウス症候群の原因とされています。
漆喰はそれらのVOCを分解する働きがあるとされています。
これは、漆喰が硬化する際、炭酸化運動という空気中の炭酸ガスを吸う働きをし、炭酸ガスに含まれるVOCを吸収するためです。
そのため、シックハウス症候群を未然に防ぎやすくし、さらにはシックハウス症候群の方の症状を改善する可能性もあります。

*断熱・保湿・調湿・遮音・防火性に優れる

漆喰は消石灰を主成分としています。
主成分が石であるために、防火性にかなり優れています。
さらに漆喰は左官仕上げという重ね塗りを行う際に使用されます。
重ね塗りを漆喰で行うことで、断熱・保湿・調湿・遮音などの様々な機能を得ることができます。

*アトピーや喘息、過敏症に影響しない

アトピーや喘息、過敏症の原因とされる化学物質を一切出さないため、このような症状をお持ちの方でも安心してお使いいただけます。

*メンテナンスの手間がかからない

漆喰を使った外壁は耐用年数が長いのが特徴です。
そのため、メンテナンスの手間があまりかかりません。

*高級感がある

漆喰を使用すると、ビニールクロスでは出すことのできないような高級感が現れ、見た目が美しくなります。
これは漆喰独特の白さや、コテで押さえをきかせたことによる滑らかで平坦な仕上げによるものです。
また、その独特の風合いは住む人にやすらぎと快適な住空間をもたらすのに効果的です。

□まとめ

今回は漆喰についてご紹介しました。
漆喰には様々なメリットが存在します。
このメリットの中には漆喰にしかないようなメリットも存在します。
自分がどのような機能を求めているか、ぜひ条件の優先順位を決めて壁材を選んでみてください。
今回ご紹介した内容が、みなさんが良い選択をするための助けになれば幸いです。

注文住宅でリビング階段は?そのメリットとデメリットについて

2019年02月1日
注文住宅を検討されていて、その際にリビング階段にしようとお考えになっている方はいらっしゃいませんか?
「検討はしているけど、リビング階段のメリットとデメリットがわからない。」
という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
そこで今回はそんな方のお悩みを解決するために、リビング階段のメリットとデメリットについてお伝えします。

□リビング階段のメリット

*リビングが開放的な空間になる

リビング階段を採用すると、玄関階段と同じ間取りであっても、視覚効果が働くことで部屋が広く見えます。
特に吹き抜けとの相性が良く、同時に採用するとリビングの空間が活気付きます。
広々とした気持ちの良い空間ができあがるでしょう。

*家族との交流が増える

リビング階段を採用すると、家族と顔をあわせる機会が増えます。
2階に寝室がある場合、外出する際には必ずリビングを通らなければならないからです。
そのため、家族の些細な変化に気付きやすくなったり、コミュニケーションが増え、家族とより良好な関係を構築しやすくなるでしょう。

*オシャレである

リビング階段がアクセントになることで、リビング全体がオシャレな印象を与えることができます。
オシャレで使いやすいリビングにしたいとお考えの方にはおすすめかもしれません。

□リビング階段のデメリット

*暖房効率が悪くなる

暖かい空気は上昇し冷たい空気は下降する性質があります。
そのため、リビング階段を採用すると1階の暖かい空気が2階へ、そして2階の冷たい空気が1階に移動しやすくなります。
そのため冬場は寒さを感じてしまうかもしれません。

*人の気配が気になる

他の家族が友達や知り合いを家に招いた時、リビング階段が与えるその開放感から、リビングでゆっくりくつろぐことが難しくなるかもしれません。
開放的な空間は人の気配を感じやすい空間なので、同時にうまくプライバシーの空間を守る工夫が必要です。

*料理の臭いが家中に充満しやすくなる

リビング階段では吹き抜けを設けたときのように臭いの充満がしやすくなります。
例えば少し臭いのする料理を作るときには、他の部屋に臭いが移ってしまわないように注意する必要があります。

□まとめ

リビング階段を採用するメリットとデメリットについてお伝えしました。
子供が小さいうちは開放的で目が行き届くような家が好まれますが、大きくなるにつれて子供のプライバシーを守ることも大切になります。
どのような生活を家族と送りたいのか、しっかりと検討してみてください。
注文住宅を立てる際にこの記事を参考にしていただければ幸いです。
無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram