PROJECTカテゴリー 高島市 Y様邸 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

高島市 Y様邸


工事進行中4


大きな工事はそろそろ終盤。
建具の取り付けや造作工事が進み、
だんだん仕上がりが見えてきました。
 
 

天井いっぱいまでのハイドアは存在感がありますね。
 
 

こちらは玄関からすぐの手洗いコーナー。
オープンにすることで、お客様にも気兼ねなく使ってもらえます。
 
 

内装仕上げは塗装工事から。
フリー板に天然系塗料を塗りあげていきます。
 
 

狭くて暗いところはライトで照らしながら。
 
 

乾ききるまでは接触厳禁!
天然系塗料は乾燥に時間がかかるため、
2日間ほど養生期間を置きます。
 
 


工事進行中3


内部の工事が進行中です。
こちらは畳スペースに設けられた書斎の掘り込み。
造作のカウンターデスクと組み合わせて、堀座卓になります。
 
 

断熱材の上にボードが貼られると、
 
 

階段が取り付けられ、
 
 

システム収納などもセットされていきます。
 
 

外壁に防水フェルトとメッシュが施工されたのは雪の日でした。
 
 

その後、モルタルの下地を塗ってしっかり乾かしていきます。
 
 


工事進行中2


無垢フローリングの施工が始まりました。
目地を作るためのカードを挟みつつ、1枚1枚固定していきます。
 
 

職人さんは1階、2階、全ての床を貼り終えるまで、この姿勢が続きます。
 
 

施工後はキズがつかないよう、養生ボードで保護。
 
 

続いて工事は電気配線と断熱材の吹き付けへ。
壁はもちろん、屋根裏も隙間なくモコモコにしていきます。
 
 

断熱材にはところどころにこのようなピンが刺さっています。
「80」ということは、ここの厚みが80mmあることを示しています。
 
 


工事進行中!


耐震パネルが貼り終りました。
この時点では窓やドアもなく、のっぺらぼうな状態です。
 
 

サッシが入り、
 
 

防水・透湿・遮熱シートでピッタリくるむと、こんな感じに。
 
 

シートは壁だけでなく、屋根裏にも隙間なく貼られています。
 
 

屋根は軽くて丈夫なガルバリウムを採用。
雪の多い地域のため、雪止め金具も設置します。
 
 

外壁は吹付け仕上げのため、木摺り下地が入ります。
どんな色でどんな仕上がりになるか、どうぞお楽しみに!
 
 


祝・上棟!


寒さに身が引き締まるようになり始めた初冬の朝。
Yさま邸の上棟が執り行われました!
 
 

日暮れが早いこともあり、いつもより大工さんを増員しての工事。
9時ごろにはすでに1階が組みあがりました。
 
 

2階にはクレーンで引き上げられた柱が整然と並んでいきます。
 
 

その上にまた梁が組まれ、
 
 

小屋束と母屋が組まれていきます。
 
 

Yさま邸の屋根は片流れのため、ここで上棟となります!
 
 

工事は引き続き屋根の下地づくりへ。
1枚1枚、所定の位置に固定し、
 
 

防水シートを貼り重ねていきます。
 
 

日暮れ前、無事に工事終了。
ブルーシートで建物を保護して、
変わりやすいこの時期のお天気に備えます。
 
 


基礎工事


基礎工事が始まりました!
盛土の上に防水シートを敷いて湿気が上がるのをカットし、
その上に鉄筋を組んでいきます。
 
 

鉄筋が組み終わったらJIOの検査。
すみずみまでしっかりチェックしてもらいます。
 
 

コンクリートを流し込み、養生期間をおいて型枠を外したら完成!
どこがどの部屋でどんな広さか、
この段階で初めて実感できるようになります。
 
 

給水・給湯・排水や換気システムのダクトなど、
基礎内は配管でけっこういっぱいに。
床下も暮らしを支える大切な空間のひとつなんです。
 
 


新プロジェクト スタート!


また新たなプロジェクトがスタートしました!
今回は解体工事から。
既存の建物を壊したり、建築に不要な地中の大きな石を
取り除いたりしていきます。
 
 

整地が終わるとこんなにスッキリ!
ここで改めて正確な土地の状況を知るため、測量などを行います。
 
 

その基準となるのがこういった境界標。
天面に掘られた線の交点が境界点になります。
 
 

汚水桝のマンホールのふたにはガリバーが描かれていました!

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram