PROJECTカテゴリー 栗東 I様邸 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

栗東 I様邸


工事進行中2


硬質発泡ウレタン断熱材の吹き付けが終わりました。
壁も屋根裏も隙間なくもこもこです。
 
 

フローリングは無垢のナラ材をセレクトされました。
四角く開けられた穴は、床下をチェックするための点検口です。
 
 

屋根にはガルバリウムが葺かれ、雪止め金具の取り付けも完了。
 
 

そして外壁には防水・透湿・遮熱シートが打ち付けられました。
点線は隣りのシートととの被りを示したもの。
きちんと効果を出すために、これだけ重ねていきます。
 
 


工事進行中!


木工事が進行中です。
あちこちに間柱や筋交いが入り、
お部屋を仕切る壁がつくられていきます。
 
 

窓が入るのもこの時期。
床高ピッタリの地窓や、
 
 

天井ギリギリの高窓など、
用途やデザインに合わせてセレクトされています。
 
 

防蟻剤は外側からもたっぷり吹付け、
 
 

内側からもヒタヒタに染み込ませていきます。
 
 

JIOの躯体検査では申請図面通りに
耐震金物などが施工されているがチェックされ、
保証対象となる建物であることを証明してもらいます。
 
 


祝・上棟!


2月吉日、Iさま邸の上棟の日を迎えました。
朝早くから職人たちが集まり、準備を始めます。
 
 

打合せを終えたらさっそく工事スタート!
それぞれが手際よく木材を運んでいきます。
 
 

重たい梁はクレーンで吊り上げ、
 
 

木槌で打ち込みながら組んでいきます。
 
 

この作業を繰り返して2階床梁ができると、
 
 

床下地となる板を固定。
 
 

ほどなく、木材第2段が到着します。
 
 

2階の柱、梁が組まれ、
 
 

棟木が上がって、ここで上棟です!
 
 

整然と並ぶ垂木を固定し、
 
 

外壁面には耐震パネルを打ち付けていきます。
 
 

空が夕焼け色に染まり始める頃、野地板も貼り終り、
 
 

アスファルトルーフィングでのカバーも完了!
 
 

ブルーシートで包み、お家を雨風から守ります。
 
 


基礎工事


養生期間をおいて型枠を外し、基礎が完成しました!
 
 

設備機器の位置に合わせて給水・給湯のホース、
排水のダクトを設置していきます。
 
 

土台・大引きを固定し、防蟻剤の処置へ。
したたり落ちるくらいヒタヒタに染み込ませて、お家の耐久性を高めます。
 
 

外気の熱を伝えるコンクリートを隙間なく断熱材で覆い、
基礎内の断熱も抜かりなく。
 
 

最後に床下地を留め付けて完了。
ここから上棟の準備に取り掛かります。
 
 


着工!


遣り方が組まれ、Iさま邸の工事がスタートしました!
 
 

重機が入り、建物の形に盛土をつくります。
 
 

防水シートで覆い、鉄筋を組んだら、
 
 

使用している鉄筋の種類や組み方をJIOにチェックしてもらいます。
 
 

合格の判定が出たら、立上り部分の施工へ。
型枠を組み、ここへコンクリートを流し込みます。
 
 


新プロジェクト スタート!


Iさま邸のプロジェクトがスタートしました!
この日はご家族そろっての地鎮祭。
まずは神主さんから内容をお話ししてもらいます。
 
 

一大イベントの鋤入れはご主人さまから。
 
 

お姉ちゃんもサクサクと。
 
 

奥さまは下のお子さまと一緒に。
 
 

施工者代表として設計担当の神野が鍬入れを行います。
 
 

この時にしかできない体験がいっぱいの地鎮祭。
Iさまご家族のよい思い出になっていましたら幸いです。
 
 

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram