お役立ちブログ | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

お役立ちブログ

家を建てる方必見!樹脂サッシLow-eペアガラスの特徴とは

2018年07月18日

新しい家を建てるとき、できるだけ省エネが実現できるようにしたいと考える人もいるでしょう。
高気密高断熱を実現することで省エネを目指すことが可能ですが、壁の断熱性を高めただけでは十分とはいえず、大切になってくるのは窓やサッシ戸であることをご存知でしょうか。

樹脂サッシLow-eペアガラスは全国的に導入されており、建物を優れた構造にするために役立つ特徴が備わっています。
熱損失の割合が多いガラス窓は、外気の温度の影響を室内に伝えやすいのが問題で、夏に室内温度を高め、冬には寒くしてしまいます。

ペアガラスは2枚で1組の構造になっていることが特徴で、ガラスとガラスの間に空気層ができることで熱の伝わり方を変えてくれる構造です。
さらに樹脂サッシLow-eペアガラスは、一般的なペアガラスと違って高断熱のLow-E膜が使われており、夏は約2℃涼しくなり冬は約3℃も室内を暖かくすることが可能です。

断熱効果が高く冷暖房費用の節約をすることができますから、樹脂サッシLow-eペアガラスを導入すれば省エネにつながります。外気の影響を受けにくくなるため結露になりにくい特徴もあって、冬場に暖房を使用しても窓に水滴がついて濡れるということがなくなり、夏場に梅雨や湿度が高くなった時に結露によるカビを防ぐことにもつながります。

熱を通さないだけでなく、紫外線のカットにも役立つため肌が弱い人、家具や壁、床などの日焼けをできる限り抑えたい場合は樹脂サッシLow-eペアガラスを導入したほうがよいでしょう。

2枚のガラスの間に空気層がある構造は遮音性にも優れていて、窓から入ってくる外の騒音を軽減できますし、室内の音を外に漏らしにくくします。防音対策としても使える窓ですから、遮音性をより高めたいときに便利です。

樹脂サッシLow-eペアガラスはタイプが2種類あって、太陽の光は通す高断熱タイプと日差しを約50%以上カットできる遮熱高断熱タイプです。
どちらも外気を遮断できる性能に変わりはありませんが、冬に寒い地域は太陽の光は通すタイプがよいですし、夏になると強い日差しが降り注ぐ南方にある地域では日差しをカットできるタイプを選ぶとよいでしょう。

住んでいる地域の気候や環境も踏まえたうえで、導入するタイプを選ぶようにすればより快適な住環境を作り出すことができます。家を建てるときには、窓ガラスにもこだわるようにすれば省エネを実現させた上にいろんなメリットも得られるので、じっくり検討して決めるとよいです。
快適な暮らしのために建材の特徴を踏まえておくと、家を建てる際の参考にもなります。

家を建てたい!工務店はどうやって決める?その選び方とは

2018年07月16日

家を建てたいと思った時にまず第一に必要となるのが工務店選びです。
しかし業者の数があまりにも多すぎるので、どうやって決めるのかわからないという人は多いものです。

選び方としてはまず第一に、あらゆる特徴の店を調べましょう。
同じ特徴を比較検討して、正しい判断を行うのが一番です。
もしも自然素材にこだわった家を作りたいと考えているのであれば、自然素材を使った家づくりに力を入れている店を比較検討することで、ふさわしい店を決められることでしょう。

また多くの工務店はハウスメーカーとは異なり、住宅展示場もなければ広告での宣伝も行わず、見学会を開いたこともなければ、営業マンもいないようなスタイルのところが大半となっています。
実際にはこのような中にも優良な店があって、紹介のみで仕事を依頼されて中には1年以上待たなければいけないところもあります。

そして工務店を選ぶにあたり、見積もりを複数取った方がよいと感じる人がいるかもしれませんが、見積もりをたくさんとってもあまり意味はありません。
見積もりは同じものでなければ比較ができず、正しい判断ができなくなってしまうからです。

住宅を建てるにあたり材料やグレードが同じものを比較しなければ、判断することはできないでしょう。
また見積金額についても、正しいかどうかは判断が難しく、プロでなければ本当に価値のあるものかどうかを判定することはできません。

またどんなに良い家を建てていたとしても、財務内容が悪いようであれば、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
そのためにも各都道府県庁の窓口に出向いて、建設業許可書類の決算書を閲覧してみましょう。
これにより財務内容のチェックすることができます。

そして家づくりはこれから長い付き合いが続くことになるため、責任感が強く一貫施工体制の工務店を選ぶことも大切です。
中には受注した仕事を下請けにすべて任せ、自社では一切施工しないスタイルをとっているところもみられます。

また現場に近い店を選ぶことも大切で、会社が現場に近ければ仕事の出来が地元での評判につながることから、管理やメンテナンスなどを含めてすべてに責任を持って仕事を行ってくれるでしょう。

そして社長とも面談を行って、聞き取り能力があるかどうかをきちんと判断しましょう。
相手が話す割合が2、自分が話す割合が8くらいであれば、これからも良いコミュニケーションをとることができ、こちらの要望もよく聞いてくれることでしょう。

様々なポイントを一つずつ確認して、自分にぴったりの工務店を見つけましょう。

注文住宅で収納上手な暮らしをつくるコツとは

2018年07月13日

家の中はいつでもスッキリとした状態にしておきたいものですが、収納が不足して物があふれてしまい、なかなか片付かないと悩んでいる方も多いでしょう。
生活をしている場にはどうしても物が増えていってしまいますから、たっぷりと物を仕舞い込めるスペースが家の中には欠かせません。

物を仕舞えるスペースがたっぷりあったとしても、ライフスタイルに合わない間取りになっていると、上手く活用できなくなってしまいます。
季節物などのアイテムは頻繁に出し入れする必要がありませんから、物置きスペースなどに入れておくことができますが、普段使用することが多い物の場合は仕舞やすさについても、考えなくてはならないのです。

取り出しにくい場所に仕舞わなくてはならない、という状態になってしまうと、つい面倒になり出しっぱなしという状態になってしまいがちです。
頻繁に使用するものはなるべく手の届きやすい場所に仕舞い、めったに使わないものは物置に入れる、といった形を実現できれば片付け上手になることができます。

注文住宅はオーダーによって家の中の設備をカスタマイズすることができますから、ライフスタイルに合わせた間取りを実現することが可能です。

注文住宅で収納上手なライフスタイルを実現するコツは、生活動線に合わせた間取りを意識することにあるでしょう。
キッチンではどう動くのか、リビングをリラックスできる環境に保ちつつ、生活動線をスムーズにするためにはどんな間取りが最適なのか、といった点を考慮してデザインをしていくのです。

家に帰宅した際にはまず玄関で靴を脱いでから洗面所へ行き、手洗い等を済ませる、というのが一般的な生活の流れでしょう。
ここから収納を考えていくと、まずシューズボックスの位置や洗面所へのルート、リビングや自室までの流れが重要となってきます。

いつ、どのタイミングで部屋着へと着替えるのかによって、クローゼットの最適な位置は変わってくるでしょう。
リビングで趣味を楽しむのなら関連するアイテムを仕舞うスペースが必要となりますし、自室でトレーニング等を行う人の場合、器具を入れておくスペースも考慮しなくてはなりません。

一般的な建売住宅においても、生活動線を考慮した間取りが用意されているものですが、現代人のライフスタイルは多様化していっているのも事実です。
暮らしやすさや収納のしやすさについて考えると、自由に間取りをデザインできる注文住宅には大きなメリットがあります。

個性を活かした注文住宅で、自分らしいライフスタイルを大切にしながら収納上手を目指しましょう。

安心な建材なら無垢材が一番!そのメリットとは

2018年07月11日

家を建てようと思った際に、家族の健康や子供をこれから育てていくことを考えると、温かみのある見逃せない建材の一つです。
無垢材には天然の木ならではの魅力やメリットがあるといえるでしょう。

住宅に使用するメリットとしては、木が持つ本来の質感や風合いにあふれていることや、安心して使えるという点です。
化学物質を含まない自然素材としても木材は関心が高まっていて、加工されているものではなく育成した木そのものを使っている特徴があります。

保温性があり素足で過ごする天然の木の温かさを感じることができるでしょう。
また長く使えることにより、味わいはもっと深いものに増していきます。

室内の湿気が多い場合にはその湿気を吸収し、反対に乾燥しすぎている場合には湿気を放出することによって、部屋の湿度を調節する機能も持ち合わせています。
自然素材であるために、シックハウス症候群などの心配もなく、最も安心して使える建材といえるでしょう。

無垢材の問題点は調湿作用と関連があります。
それは温度の変化により縮んだり膨張する性質があることです。

湿度が高いとそれを吸収するために、木材が膨張して床がそりあがったり、反対に湿度が低い場合には収縮して隙間が空いたりする可能性もあります。
国産の無垢材はもとから湿気に強く、樹脂を多く含んでいるので、水や雑菌などをはね返す性質があります。しかし施工の際には十分に乾燥させた木材を使用する必要があるでしょう。

無垢材は乾燥が不十分であると反ったりねじれたり、割れ等が生じることになります。
無垢材を最大限に活用するためには乾燥させることが非常に重要であり、木の乾燥の度合いを確保するためには含水率を確認しましょう。

木材の変形は含水率が30パーセントから始まり、18パーセント以下では変形はなくなるといわれています。
そのため15パーセントから18パーセントほどまで乾燥させることが大切で、さらに床暖房を使うのであれば7から9パーセントの木材を選ぶようにしましょう。

フローリングに使うケースが多いですが、フローリングに使う木材はたくさんの種類があります。
その中でも調湿機能に優れているものの一つが杉です。
流通量が多く比較的安価であり、加工がしやすいため床材や壁材などにはひろく用いられるものです。

北欧産の松は見た目の美しさと強さに定評があり、コンクリートよりも強度が強いといわれています。
そのほかにもブナやマカンバなど多彩な種類があります。
床暖房を使うのであれば東南アジアや中国産のチーク、カリン、カナダのメイプルや、国産のヒノキやケヤキなどが適しているといえるでしょう。

シックハウス対策に有効な漆喰壁の特徴って?

2018年07月9日

主に新築の家などで起こるめまいや頭痛、湿疹、喉の痛みや呼吸器疾患などをシックハウス症候群と呼びます。
これは、家の壁などに使われている接着剤や塗料、合板、ワックスなどに含まれるホルムアルデヒドやキシレン、パラジクロロベンゼンといった化学物質が原因とされています。

また、カビや微生物などによる影響もあります。2002年には国が対策に乗り出し、建築物における衛生的環境の確保に関する法律、2003年には建築基準法をそれぞれ改正し、ホルムアルデヒドをはじめとする、建築物の化学物質使用の制限を行いました。

こうした背景から注目を集めているのが「漆喰壁」です。
実は、かつての日本家屋のほとんどが漆喰壁を使用して建てられていたのですが、漆喰を壁に塗る作業には大変高度な技術を要することやコストがかかることなどから、現在のようなビニールクロスを用いることが多くなったという経緯があります。

しかし、クロスを貼るための塗料などに含まれる化学物質の体への影響が心配される中、再び漆喰にスポットが当たるようになったということです。

では、漆喰にはどのような特徴があるのでしょうか。漆喰の主な原料は消石灰です。
消石灰とは、水酸化ナトリウムの別名ですが、さまざまな場所で採掘される石灰石に水を加えて熟成し、粉末状にしたものを言います。
これは、身近なものとしてこんにゃくの凝固剤として使われたり、化粧品などにも使われています。

この消石灰に植物の麻からできる麻スサや海藻の海苔などを混ぜて作られているのが漆喰です。
すべてが自然界の中にあるものだけを使っているために健康への影響も少なく、ほぼ無害と言われています。

その大きな特徴の一つが、呼吸をすることです。吸収性と放湿性に優れているため、結露を起こしにくく、カビやダニの発生を抑えることができます。これによりアレルギーなどが起こりづらいとされています。

また、漆喰壁はもともと防火対策として作られるようになったという経緯があるのですが、それが示す通り、漆喰は不燃性です。つまり万が一、火災になっても煙が発生しません。

現在のマンションなどでは火災の火そのものより煙に巻き込まれて逃げ遅れてしまうなどということも耳にします。
しかし、漆喰の場合には煙も有害ガスも発生しないので、火災などの対策としても有効と言えます。

さらに、漆喰には殺菌効果も期待できます。漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果が高く、カビだけではなく、アレルギーを起こす原因となるさまざまな微生物などが発生しにくい無機質材料です。
こうしたアレルギー対策としても漆喰壁は注目度が高い壁材です。

オール電化って何が良いの?そのメリットとは

2018年07月6日

一般的な住宅では、電気とガス、水道の三つの光熱費は必須でした。
それぞれに基本料金を支払わなければならないので、毎月一定の金額が必要です。

これをオール電化住宅に変えていくと何が良いのかというと、いままでガスが必要だった料理に使うコンロやお風呂を電気で賄うことができるから、基本料金のガス代を節約するメリットが生まれます。

ガス会社との契約をやめることで、基本料金分を確実に節約できるから光熱費を減らすことにつながります。
さらにオール電化の住宅では太陽光発電を上手に利用していけば、電気代も安く済ませることができたりと、月々必ず必要になっていた光熱費を抑えることができるのがメリットです。

オール電化にすると、今までガスを利用していた設備もすべて電気によって利用することになるので、電気代そのものはそれまでよりも高くなってしまいます。
最初はIHクッキングヒーターや電気温水器などを購入する必要があるので初期投資も必要になりますが、長く使っていけばトータル的に光熱費を抑えていくことが可能です。

なぜなら電力会社も電気をたくさん使ってくれる過程を優遇するお得なプランが用意されていたり、深夜の電気代が安い時間帯に効率よくお湯を若沸かしておくことができるエコキュートといった設備を利用すれば、上手に光熱費を節約できるからです。

その他にも火を使わないので小さなお子さんがいる家庭などは安全性が高まるのもメリットといえるでしょう。
IHクッキングヒーターなら、間違ってお子さんが触ってしまってもやけどなどのリスクを軽減できます。

センサーが自動的に熱を止めてくれたりするので鍋を焦げ付かせてしまうなどの料理の失敗も減らすことができます。
また火を使わないから二酸化炭素や一酸化炭素の発生を抑えることができたり、夏の暑い時期でも室温が上昇しにくいのもメリットです。

現在ガスも併用している家庭で特にオール電化に変えたほうがお得なのが、プロパンガスを利用しているところです。
都市ガスと比べてもプロパンガスは基本料金が高く、月々に必要な金額も高額になりがちです。
だからといって簡単に都市ガスに変更することもできませんから、オール電化にすれば光熱費を抑えることができます。

工事にどのくらいの費用が必要なのかは、ぜひ専門店に相談してみてください。
見積もりや相談は無料なのでどのくらいお得になるのか確かめてみてください。家を建てるときも初めから設備をそろえておけば、住みやすい住宅を作っていくことができます。家づくりのプロに相談してください。

注文住宅の内装でこだわりたいポイントとは?

2018年07月4日

最近では、多くの人々が家族の人数やライフスタイルに合わせて快適な住宅に暮らしたいと願っています。
そんな望みを叶えてくれると注目を浴びているのが、注文住宅です。
特に内装にも徹底的にこだわりたい人にとっては、非常に便利で役立つサービスとして喜ばれているのです。

そのポイントとしては、壁材の選び方が挙げられます。
さまざまな模様やカラー、デザインが豊富に用意されていますので、自分好みの素材を自由に組み合わせてオリジナリティ溢れる仕上がりを叶えることが可能です。

そして、注文住宅では、リーズナブルな費用でコストを抑えながら質の高いオシャレな壁にすることもできるため、家族全員が納得して快適に過ごせる空間を手に入れることにつながっています。
左官職人が経験を活かして作業する塗り壁は古くからの伝統的な手法で、素材の質感や素朴な雰囲気を味わえる点が魅力的です。

その他にも、特殊な木材を使った内装は湿気に強く通気性が良い点がメリットとなっています。
選ぶ材質によっても大きく異なりますので、事前にスタッフとじっくりと相談しあいながら決めることで、後悔のない結果につながります。

さらに、床材選びも慎重に行うことで耐久性のある仕上がりを得ることができます。
無垢材のフローリングを選ぶと、保湿性に優れている上、防音効果も高く大人数の人が来ても丈夫で静かな環境を維持しているのです。

クッション性のある素材は、子供やお年寄りのいる家庭に最適といえます。
足腰への負担を和らげてくれる効果を期待できるため、ペットを飼っている家にも向いているのです。
耐久性があり、トイレや洗面所などにも使いやすい床材といえます。
洗練された印象を目指している場合には、コルク素材がおすすめです。

そして、内装の中でも忘れてはいけないのが、コンセントの位置です。
特にキッチンや洗面所などの水回り付近は家電製品を使う機会が多いため、多めに取り付けてもらえるよう設計段階で相談しておくと安心といえます。

収納にこだわりたい人は非常に多く見られます。ウォークインクローゼットを作ってもらったり、手持ちの荷物の長さや幅に合わせて丁度良いスペースを確保しておけるようサイズを測っておくとスムーズに作業が進みます。

このように、注文重要を建てる時には、最初にこだわりたいポイントを抑えて依頼することがなによりも肝心です。
具体的に新居での生活をイメージして思い描いておくと、理想的な住まいを手に入れることに結びつきます。
予算の範囲内で最大限上質な住宅となるよう、努力することが重要です。

マイホーム検討中なら知っておきたい!工務店とハウスメーカーの違い

2018年07月2日

マイホームの購入を検討するなら、絶対に抑えておきたいのはハウスメーカーと工務店の違いです。

一般的にはどちらも住宅を建てる会社といったイメージなので、大きな違いはないと思いがちです。
しかし実際には様々なポイントで異なる点がいくつもあり、違った特徴を持つ会社です。

マイホームを購入するときに一番大切なことは、パートナーとなる会社選びです。
パートナー次第でマイホームの購入は成功にも失敗にも変わるので、検討中の人は必ず両者の違いを理解してから会社選びをしましょう。

ハウスメーカーの特徴は、品質の高いマイホームを期待できるところです。
マイホームの建築に使われる資材は一定の品質を保っており、大手メーカーなら心配する必要はないでしょう。

しかしハウスメーカーは使用する資材は品質が高くても、実際に施工するのは下請けや孫請けの業者です。
下請けや孫請けの業者はレベルのバラツキが激しく、しっかりとした住宅を建てられるところもあれば、手抜き工事などを行うところもあります。

使用する資材は高品質でも実際に施工する業者次第で出来上がりは大きく変わってくるので、大手のハウスメーカーだからと行って安心できるとは限りません。

工務店は基本的に、自社で設計から施工までワンストップで行います。
一部の工程は下請けに回すこともありますが、全ての段階を自社で管理しているので品質は一定になりやすいです。
特に大手や中小規模でも地域で長く営業している老舗の工務店なら、信頼性は高いので安心感はあるでしょう。

また施工から完成までだけではなく、住み始めてからのメンテナンスなどのアフターフォローも充実しています。
狭いエリアで営業している工務店はフットワークが軽く細かな対応もしてくれるので、長く付き合うことができるでしょう。

他にも両者の間には全体的な価格や完成までの時間など、様々なポイントに違いがあり調べていけばいくほど同じ住宅を建て販売する会社でも、全くの別物であると気付かされるでしょう。
しかし最近は規模が小さいと思われがちな工務店の中にも全国展開していたり、下請けや孫請けを使うところはあります。

ひとくくりにハウスメーカーだから安心と言えるケースもないので、大切なことは選ぶ会社についてしっかりと情報を収集したり、担当者に疑問に思う部分を質問することが重要です。

積極的に情報を集め疑問を解決していけば、信頼のできるパートナーを見つけることができます。
マイホームの購入で失敗しないためにも、始めに行う会社選びにはじっくりと時間を変えるようにしてください。

絶対に失敗しない注文住宅の選び方とは?

2018年06月29日

内装の循環経路を考慮する事が注文住宅の選び方で最も失敗しない方法で、特にキッチンとダイニングを結ぶ通路は最も危険性が潜む通路です。

理想の選び方はキッチンの両隅からダイニングに行ける通路を確保してある形状で、上からの見取り図がシンクを挟んで8の字になっているタイプをお勧めします。

さらに同じ理由でトイレや洗面台等の頻繁に利用するライフライン設備の配置も重要で、内装の外周に通路を作り一定間隔毎に設備を一つずつ追加しておくと歩行中の衝突を防げます。
中でも洗濯機を置く場所は通勤準備する時間等で混雑しやすいので特に考慮が必要です。

近年の注文住宅ではソーラーシステムで自家発電するタイプが主流になっていますが、失敗しないためには自分の経済状態と相談した上で決める必要があります。
大規模なソーラー設備ならばそれだけ多くの電力を賄えますが、同時に必要な初期費用も肥大化する傾向があります。

ローンで購入すると仮定しても短期間で返済できる規模にして、ソーラーパネルで黒字になる時期を早めに体感できるようにしてください。
また土地によっては太陽の見える位置も考慮する必要があり、発電量に限りがあるケースもあるので吟味した上で購入を決断しましょう。

人が住む上で暖房やエアコン等の空調設備は欠かす事ができませんが、注文住宅の形状によって設備の選び方も工夫しなければなりません。
例えば吹き抜け天井をリビングや応接間等の広い間取りに取り入れた場合、それだけ空間が広いので出力の高い空調設備が必要になります。

そのためライフラインの利用費が前の家よりも肥大化する可能性が高くなるので、内装の拘りは空調設備で合わせて考えましょう。

建設地域には複数のハウスメーカーが争う様にして注文住宅を建設しており、それぞれが別々の見積もりを行っています。
そのため可能な限り複数社が提供しているモデルハウスを見学して、一緒の住人が複数の時は全員に相談した上で決める方法がお勧めです。

特に仕事を自宅でする方は、一般住居よりも収納やトイレの場所や応接間の広さが重要になってくるため、必ず自身でモデルルームを見学した上で購入しましょう。

実際の注文住宅が決まると建築士が具体的なデザインを書き起こしますが、失敗しないためには連絡を頻繁に行う事です。
これは生活環境の使いやすさは人によって違い、建築士が使いやすいと思う内装構成でも自身は使いにくいと感じる事が多いからです。

なので可能であれば現在住んでいる住宅を依頼する建築士に見学してもらい、生活環境の改善点からデザインや必要な施設の選び方を検討すると、快適な生活空間を構築しやすくなります。

注文住宅づくりの工務店をどうやって決める?選び方の3つのポイントとは

2018年06月27日

あこがれの注文住宅を建てる際に、一番重要といっても過言ではないのが工務店選びです。
理想の住まいを一緒に作っていくパートナーには、安心できて実力のある会社を選びたいですよね。

また、注文住宅づくりは長い期間何度も相談を重ねて行うものです。しっかりとしたコミュニケーションをするためにも工務店をどうやって選べばよいのでしょうか。

今回は注文住宅を作る際の工務店の選び方のポイントについてお伝えします。

・工務店の選び方

1.安心できる業者選び

注文住宅は大変高額な商品ですので、お金だけ取られて全くイメージの違う粗悪な住宅になってしまったということのないように、少しでもリスクを減らしたいものです。

そうするために安全な業者選びを行う必要があるのですが、気を付けたいポイントとして上げられるのが業者に不審だったり強引な点はないかというところです。

こちらがした質問にしっかりと答えてくれなかったり、高いオプションを強引に勧めてきたりと、態様は様々ですがご自身で少しでも不信感を感じられるような業者は避けるべきではないでしょうか。

2.特徴のある業者選び

工務店の中にはそれぞれの色を持ったものが数多く存在します。

ご自身の理想の住まいにもこだわりのポイントがあるはずですよね、そのポイントと工務店の色がしっかり重なるように工務店選びをすると、満足度の高い注文住宅づくりに一歩近づけます。

自分の理想の住まいがどういった特徴があるのかをしっかり検討しつつも、工務店のホームーページなどから、どういった点に強みがあるのかということを把握し、その二つを見比べてみてはいかがでしょうか。

3.話し合える業者選び

業者と何度も打ち合わせを重ねるのが億劫になってしまっては、せっかくの注文住宅づくりも楽しみなものではなくなってしまいます。

また、コミュニケーションを密にすることで良い家づくりをすることにつながりますので、担当者やそこの社員がどのような姿勢でコミュニケーションをとっているかというのはしっかりとチェックされることをお勧めします。

話を聞いてくれる姿勢のある工務店を選ぶと、予算、デザイン、機能性といったすべての面で自分に合った家づくりをすることができます。

 

今回は工務店選びにおいて重要なポイントをお伝えしました。

注文住宅づくりは自分で考えたことをしっかりと伝えられるパートナーがいてこそ成り立つものです。これらのポイントをしっかりと踏まえて注文住宅づくりを成功させられるとよいですね。

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram