2018 5月 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

2018/05

失敗しない注文住宅の選び方とは?大切なのは情報と判断軸!?

2018年05月7日

注文住宅選びで失敗するケースとしては、情報収集が甘さや、マイホームをぼんやりとしたイメージで探していたために「なんか違う」という予想の裏切りなどが主な原因として挙げられます。

注文住宅選びの肝は適切な「情報取集」と「判断」にあります。今回、その二つを中心とした失敗しない注文住宅の選び方についてご紹介します。

○まず注文住宅について知る

注文住宅と言っても、大きく2種類に分けられます。

・フルオーダー住宅

使用する材料やその形や色まで、建物に関わる全てのものについて依頼者が指定するものになります。時間や手間、お金はかかりますが、世界に唯一のあなただけのお家に仕上がります。

・セミオーダー住宅

一から全部行うフルオーダーに対し、基本的な仕様が決まった状態から、住宅設備の色や形、外観などを決めるものをセミオーダー住宅と言います。建築会社で用いられる「注文住宅」という言葉の多くは、セミオーダー住宅を指します。

○自身の理想のお家をイメージする

お家を建てる際、ぼんやりと「こんなお家にしたい」というイメージはお持ちかと思います。仮に持っていなかったとしたら、インターネットの画像やカタログなどを参考にしてみて下さい。

そして次は判断軸を持って、そのお家が実現できるか判断しましょう。例えば「個性的なお家」と「予算」という判断軸があれば、「理想はフルオーダーだけど予算が厳しい」という判断も瞬時にできます。

セミオーダーの中で、工夫してオリジナルのものにしようと対策も練りやすくなります。これによって、頼める建築会社も少しは絞れることでしょう。

判断軸はご自身が決めるのですが、重要な軸を選ぶようにしましょう。またその軸の内容は重複しないように気をつけてください。

○あとは積極的に行動するのみ

ある程度お家のイメージや依頼できる会社が絞れたら、複数の会社を比較・検討してみましょう。

判断する材料としては、ネット・パンフレット・モデルルーム・口コミなどになってくると思います。面倒だと思いますが一生に一度のマイホーム、可能な限り情報を集めましょう。

そうすると、ご自身の理想や予算に近いものがまた絞れると思います。この段階まできたら、実際に見積もりを比較し、具体的なお話まで進んでいきましょう。

このときにまた重要になるのが、判断軸です。ご自身が何を重要とするのか。それは予算なのか、デザインなのか、利便性なのか、様々な要素がありますが、施工会社と相談しながら決めていきましょう。

 

注文住宅に関してご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

樹脂サッシにLow-eペアガラスを組み合わせて快適なお家に!嬉しい特徴をご紹介

2018年05月3日

「Low-Eガラス」という言葉をお聞きになってことはありますか?「初めて聞いた」という方が多いと思います。Low-Eガラスはとても高機能なガラスで、多くの方が名前は知ら

なくても取り付けています。これから新築戸建てを考えられている方は必見です。

今回そんな魅力溢れるLow-Eガラスについて、概要と特徴についてご紹介します。

○Low-eペアガラスとは?

Low-eペアガラスについてお話する前に、ペアガラスについてお話します。ペアガラスとはその名の通り、ガラスが二重になっているガラスのことを言います。最も多く普及しているタイプは、厚さ3mmの2枚の板ガラスの間隔を6mm空け、その間に乾燥した空気を注入したガラスです。

こうすることで、外部と内部の熱伝導度を下げ、断熱効果を生み出します。そのため寒い地域ではペアガラスで、室内の保温効果を高めているお家が多いです。

では、本題のLow-eペアガラスとは一体何なのでしょうか。Low-eペアガラスとは、ガラスの片面に薄い特殊金属膜をコーティングしたものです。ペアガラスよりグレードアップしたもので、実は現在新築戸建ての約70%が使用していると言われる身近なものなのです。

○Low-eペアガラスの特徴とは

Low-eペアガラスは大きく2種類に分けられ、特殊金属膜を外側にコーティングした場合は「遮熱タイプ」と言われ、内側にコーティングした場合は「断熱タイプ」と言われます。遮熱と断熱の違いは、遮熱は太陽の赤外線から発生する輻射熱を抑える効果があり、断熱は熱移動を抑える効果があります。

そんな、Low-eペアガラスにはどんな特徴があるのでしょうか。

・節電効果がある

遮熱・断熱効果があるということは、室内の温度を一定に保ちやすくなるということです。よって、冷暖房を使用したとき通常のガラスと比べて、節電効果が高いと言えます。

実際のデータからもその節電作用は確かめられており、Low-Eガラスに費用を払っても十分回収することができます。

・紫外線をカット

Low-Eガラスは紫外線をカットする機能もあります。お料理しているときやリビングでくつろいでいるときに、太陽の光が直接当たるという経験はないでしょうか。

紫外線はなにかとお肌や体に悪影響を及ぼすので、少しでもカットしてくれるととても有難いものです。

また、カーテンに日焼けも防いでくれるので、室内のインテリアの維持にも適しています。

・結露ができにくい

ガラスとガラスの間に、空気層があるので結露が起きにくくなります。結露はカビの原因にもなりますので、お掃除の手助けにもなるのです。

Low-Eガラスで快適な暮らしにしませんか。ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

安心素材として評判の無垢材、そのメリットとは?

2018年05月1日

家を建てる際には、どのような素材を選ぶのかは悩ましいことですよね。
「安心して暮らすことができるものにしたい」というようにお考えになられている方はいらっしゃると思います。
そのような方に是非おすすめしたいのが無垢材(むくざい)です。
無垢材というのは正物(しょうもの)とも呼ばれているものであり、昔から様々な建築物に使われてきている素材です。

◎魅力が盛りだくさん、無垢材のメリット
そんな無垢材には以下に示す通り、様々な魅力が見受けられます。

○自然そのもの
無垢材は一本の原木から切り出してきていますので、それ全てが自然素材でできています。
身体への侵入によって健康への影響が心配な化学物質も出ません。
また、それぞれの素材が異なる色で木目にも独特の個性があり、天然由来のものならではの風合い・重厚感・温かみも楽しめます。

○温度を調節する性能
天然の木にはコンクリートなどと比較すると熱の伝導性が低いため、急激な気温の変化があっても影響させにくいという特長があります。
そのため、より快適で体にも負担の少ない環境を創り出します。
フローリングとして使用すれば床暖房の効果もあります。
また、空調設備に頼る度合いが低くなりますので、省エネにもつながります。

○湿度を調節する
天然素材である木材には周りの湿気の度合いによって湿度を取り込んだり出したりする調湿機能があります。
このことで結露やカビの生じやすい環境を避けることができ、住むのに心地の良い湿度に保ってくれます。

○ダニ・カビ・細菌などに強い
木の油に含まれる成分によって、これらの生物が原因となるアレルギー症状の軽減も期待することができます。

○丈夫で耐久年数が長く、地震に強い
無垢材は原木をそのまま切ったものですので、接着剤で付け合わせられた集合材よりも強度が高いです。
また、乾燥することで固化してさらに強度を増します。
丈夫で耐久性があることは地震の多い国に住むという面においてはうれしいことですよね。

○香りと肌触りで安らぎを提供
樹木が発する芳香成分には消臭作用の他、それが出す香りそのものを楽しむことができます。
また、木に触れることで感じる肌触りは心地よさを感じさせ、日々の生活でのストレスを和らげることが可能です。

○簡単な修復
容易に修復ができるほか、削り直しをすることによって新品と同様にきれいになります。

◎最後に
今回は、無垢材の魅力についてご紹介いたしました。
住宅を新築される際には採用を検討されることをお勧めいたします。

無料相談会
資料請求
菱和ホームの家づくり
はじめての方へ
SPEC
renovation
FLOW
スタッフ紹介
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram