2019 1月 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

2019/01

滋賀県の工務店が解説|注文住宅を建てる際の資金計画のポイント

2019年01月13日

「注文住宅を建てようと思っているが、資金計画の立て方がわからない…」
「注文住宅を建てる際にどれくらいの予算が必要なのだろうか?」
「注文住宅を建てるにあたって、資金計画の面で何かポイントはあるのだろうか?」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅という人生の中でも一番大きな買い物の資金計画にお悩みの方は多いのではないでしょうか。

資金計画は、調達計画・支払計画・返済計画の3段階に分かれています。
今回は、「注文住宅を建てる際の資金計画のポイント」について3段階ごとにご紹介します。

□資金計画のポイントその1 調達計画

調達計画では、まずはじめに自分がどれくらいのお金を持っているかを確認します。
このお金とは、現金だけでなく、預金や援助金等も含めた全てのお金です。

この段階のポイントは援助金のような外部からのお金がどれくらい入るか、きちんと漏れなくリストアップすることです。

次にこのお金の中から、注文住宅以外にかけるお金を計算します。
全財産を注文住宅の購入に捧げることはできませんので、その後の生活費など将来に使うためのお金を計算しましょう。

将来を見通した計算をすることで、注文住宅にどれくらいお金をかけられるかが判明し、予算内での注文住宅の計画ができます。

一般的に、将来の資金を残しつつ、自分のお金だけで注文住宅を購入することは難しいです。
ここでローンを借りるという選択肢が出て来ます。
ローンをいくら借りるかを想定することまでが、調達計画で行うべきことです。

資金計画=予算と捉えられがちですが、予算はあくまでも資金計画の一部でしかないです。

□資金計画のポイントその2 支払計画

資金調達のめどが立てば、次は支払いの計画を立てます。

注文住宅の購入にかかるお金は全て一括とは限りません。
複数回に分けてお金の支払が必要な場合もあります。
そんな時に柔軟に対応できるように立てるものが支払い計画です。

複数回に分けて支払う必要があるものをリストアップし、それらを確実に支払えるように計画します。

ここでのポイントは支払う必要があるお金を漏れなくリストアップすることです。
「急にまとまったお金が必要になった」とならないよう、支払い計画の段階で確実に見通しを立てましょう。

□資金計画のポイントその3 返済計画

最後に借りたローンの返済計画を立てます。
ローンの返済には20年30年と長い間付き合うことになります。
ローンの返済以外に必要になるお金も考えておきましょう。

ローンの支払いだけに注目して計画を立てていたら、例えば「子供の教育費が足りない!」という事態になり兼ねません。

返済計画ではその後の人生で使うことになるお金を予想し、無理のない返済計画を立てましょう。

□まとめ

注文住宅を建てる際の資金計画のポイントについてご紹介しました。
資金計画の3段階について、それぞれご理解いただけたでしょうか?
滋賀県で注文住宅の建設をお考えの方は、ぜひ菱和ホーム株式会社までご連絡ください。

省エネ住宅の性能とは? 滋賀県の注文住宅業者が解説します

2019年01月9日
「省エネの住宅って具体的に何が違うのだろう?」
「省エネ住宅の性能について詳しく知りたい!」
「省エネ住宅の具体的な性能について知りたい。」
このようなお悩みを持ちの方はいらっしゃいませんか?
近年「省エネ」と世間ではよく耳にするようになりましたが、実際のところ省エネ住宅がどれくらい効果があるのか、省エネの性能とはどんなものかあまりよく知らず、知りたいと思っている方がいらっしゃると思います。
そこで今回は、「省エネ住宅の性能」についてご紹介します。

□省エネ住宅の特徴

省エネ住宅では主に耐熱性・オール電化で省エネでの生活を実現しています。

*耐熱性

耐熱性を上げることで室内の温度を高く保ち、例えばエアコンを稼働しなくて良い、稼働させるとしてもより少ない台数で間に合うようにして、通常よりもエネルギーを節約します。
壁や窓、天井に手を加えることで耐熱性を高くします。
耐熱性が高いとエアコンによるエネルギーの消費は少なくなりますし、冬でも素足で歩けるほどの室温を保つことができます。

*オール電化

オール電化にすることで省エネを実現することができます。
オール電化に加え、太陽光発電を導入することで省エネの効果は格段に上がります。
オール電化と太陽光発電を組み合わせると、家で利用する電力の多くを賄うことができ、電力の自給自足ができるようになります。
省エネ住宅は、こうして耐熱性を向上させることで電力消費量を抑え、オール電化や太陽光発電を用いて電気代を節約する特徴を持ちます。

□省エネ住宅の性能

菱和ホーム株式会社が提供する省エネでは、上記でご紹介した他に地熱を利用した熱交換システムも導入しています。
地熱を利用することで、住宅の床から空間を温めます。
そうすることで冬場の光熱費を抑えることができます。
0℃から20℃になるようにエアコンを使うよりも17℃を20℃にする方が電気代は格段に安くなります。
この熱交換システムは、排熱を再利用したり、エアコンの負荷を減らしたり、花粉やシロアリの対策になったりと、省エネ対策をしていない住宅では実現できないような高性能を持っています。

□省エネ住宅の注意点

省エネ住宅はエネルギー節約こそできるものの、高性能な機能が多く使うための初期費用は高くなりがちです。
初期費用の高さと節約できる合計金額をよく比較し、ご家族と業者で相談しながら決めるのが良いでしょう。
特に太陽光発電の導入をお考えの方は、ご自宅でどれだけ発電できるかを事前に確認しておくと良いでしょう。

□まとめ

省エネ住宅の性能についてご紹介しました。
省エネ住宅の性能についてご理解いただけましたでしょうか?
菱和ホーム株式会社では、ご紹介したような省エネ住宅を取り扱っています。
滋賀県で省エネ住宅をお考えの方は、ぜひ菱和ホーム株式会社までご連絡ください。

自然素材のメリットとは?|滋賀県の注文住宅業者が解説します

2019年01月5日
「注文住宅を建てたいけど、自然素材ってどういうものなのだろう?」
「自然素材にはどういうメリットがあるの?」
「自然素材を注文住宅に使いたいけど値段が気になる…」
このようなお悩みを持ちの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅をお考えになる場合、「自然素材」という言葉は多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか?
しかし、言葉を聞いたことがあるだけで、具体的なメリットまで知っている方は少ないと思います。
そこで今回は。「自然素材のメリット」についてご紹介します。

□自然素材とは?

自然素材とは、人工的な素材を一切使わず、自然に生えている素材である木をそのまま使う建築材のことを言います。
人工的な素材を用いるものは新建材と呼ばれます。

□自然素材のメリットについて

自然素材のメリットは2つあります。

*メリットその1 高い調湿機能

自然素材を用いた空間には高い調湿機能が備わります。
調湿機能のおかげでダニやカビの発生をより抑えることができます。
新建材を使った空間では、「シックハウス症候群」と呼ばれる病気にかかる可能性があります。
新建材には特殊な接着剤が使われており、それが原因で排出される空気でシックハウス症候群は発症します。
特に小さいお子さんをお持ちの方は、カビ・ダニ・シックハウス症候群に敏感かと思われます。
自然素材はその心配をより少なくすることができるメリットを持ちます。
健康志向の方はぜひ自然素材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

*メリットその2 風情を感じられる

新建材はすべての素材を均等に作ることができます。
しかし、自然素材はどの素材も同じように均等というわけではありません。
すべての素材が違うからこそ、長い付き合いになる住宅ではそれが風情として楽しむことができます。
木の特徴として、長い間使っていたり、湿気などの影響で変色したり形が変わったりします。
長く住み続ける住宅だからこそ、そうした変化も風情として楽しむことができるのではないでしょうか。
木ならではの風情を楽しみたい方にとって、自然素材はピッタリです。
木の変化を楽しみながら生活したい人はぜひ自然素材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

以上、自然素材のメリットについてご紹介しました。
自然素材のメリットについてイメージがつきましたでしょうか?
自然素材を注文住宅に加えることで、柔らかい雰囲気の住宅を作ることができます。
また、健康にも良いので、例えば生活の中でよく使うリビングに自然素材を用いてみてはいかがでしょうか?
菱和ホーム株式会社では、安心で快適で永く満足感を持ち続け、笑顔の絶えない健康的な空間をご提供いたします。
滋賀県で注文住宅の建設をお考えの方は、ぜひ菱和ホーム株式会社までご連絡ください。

注文住宅のおすすめのスタイルとは?滋賀県の業者が解説します

2019年01月1日
「注文住宅ってどこまで自分でカスタマイズできるのだろうか?」
「注文住宅にはいくつかスタイルがあるようだが、おすすめのスタイルはあるのだろうか?」
「注文住宅にはどれくらい種類があるのだろうか?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅を購入するにあたって、住宅のスタイルを後悔なく選びたい方は少なくないと思います。
そこで今回は、「注文住宅のおすすめのスタイル」についてご紹介します。

□注文住宅のスタイルとは?

注文住宅には大きく分けて7つのスタイルがあります。

*モダンスタイル

モダンスタイルは近代に誕生した、直線的・機能的なデザインが特徴的です。

*ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルの住宅は近代的なデザインに自然素材を組み合わせた雰囲気が特徴的です。

*和風スタイル

和風スタイルは昔ながらの日本建築方法です。
また和風スタイルにモダン要素を含めた和モダンと呼ばれるスタイルもあります。

*クラシックスタイル

クラシックスタイルとは19世紀以前にヨーロッパで使われていたデザインをモチーフにしたものです。
ヨーロッパらしい重厚で華やかなスタイルが特徴的です。

*リゾートスタイル

南国のリゾートにあるようなデザインの住宅が、リゾートスタイルです。
東南アジアやハワイなど、モチーフになるリゾート地それぞれに個性があります。

*アメリカンスタイル

アメリカンスタイルとは、クラシカルやカントリー調などアメリカで用いられている建築様式をモチーフにしたデザインです。

*ヴィンテージスタイル

ヴィンテージスタイルは土やレンガの質感を生かした建築様式です。
長い間愛着を持てるように、深い味わいが出るようなデザインが特徴的です。

□菱和ホームの実績

注文住宅のスタイルはいくつもあるということをご紹介しました。
菱和ホームでは上記のスタイルを組み合わせたものも取り扱っています。
詳しくは下記のページを参考にしてください。
https://www.ryowahome.com/works
菱和ホームではお客様のご要望に、高いレベルで答えることができます。
良いデザインのスタイルの注文住宅をお考えの方は、弊社の実績をご参考ください。
*おすすめのスタイル
上記のURLを参照していただくと、「くつろぎ北欧スタイルの家」という題の施工例を記載してあります。
こちらの施工例の住宅では、北欧での暮らしのように、日々の時間をリラックスして過ごせるよう、あたたかみのある空間が実現できるように自然素材を利用しました。
海外風の生活、特に木材をたくさん利用している北欧風に憧れをお持ちの方は、こうしたスタイルの注文住宅をおすすめします。
□まとめ
注文住宅のおすすめのスタイルについてご紹介しました。
注文住宅のスタイルについてイメージができましたでしょうか?
菱和ホーム株式会社では安心で快適で永く満足感を持ち続け、笑顔の絶えない健康的な空間をご提供できるよう、スタッフ一同心を込めてお客様と向き合っております。
滋賀県で注文住宅の建設をお考えの方は、ぜひ菱和ホーム株式会社までご連絡ください。
無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram