2019 3月 | 滋賀県大津市 注文住宅 工務店

菱和ホーム株式会社
0120-0120-785
info@ryowahome.com

2019/03

注文住宅における収納の失敗事例と注意点について

2019年03月19日

「注文住宅を建てようと思っているのだけれども、収納についての考え方はよくわからないなぁ…」
注文住宅を建てる際には間取りも含めて考えていくことになりますので、収納についても慎重に検討していきたいですよね。
そこで今回は参考として、収納における失敗事例やそれを防ぐための注意点についてご紹介いたします。

□収納における失敗や注意点

*「衣類が入りきらない…」

衣類が入りきらないというのが収納に関する失敗としてよく挙げられるものです。
実際にどのくらいの服を持っているのかということを把握し、今後購入して増える可能性も十分に考えられますので余裕のあるくらいに収納スペースを確保しておくことをおすすめいたします。

*「コートの置き場がない…」

特に冬は多くの衣類を着ることになりますが、洗えないものを洗濯した衣類と同じ場所には置きたくないですよね。
多くの住宅においては衣類を収納する場所は設けるもののこういったところまでは目が向かないため、結局床に放っておくということになってしまうのです。
そういったことを避けるためにも、玄関付近にも外で使うものや着用する衣類を収納できる場所が少しでもあると良いでしょう。

*「狭くてしまいたいものが入らなかった…」

長さや広さが不十分であったために収納したいものが入らないというのもよくある失敗として挙げられます。
「今まで使っていた箪笥を新しい家のスペースにも置こうとしたらわずかに入らなかった。」、「アウトドア道具は靴箱には入らないから、外に置いて置くしかない。」などの後悔があり、結局部屋の一角や外に置いておくことになります。
そうすると使える場所も減り足場も悪くなってしまいますので、住宅を建てる前にどのくらいの寸法であればよいのかということを確かめることが大切です。

*「収納スペースが暗くてよく見えない…」

収納場所が広いほど悩みとして出るのが暗いということです。
設計上ウォークインクローゼットには電灯を付いていることがあるかもしれませんが、狭い収納場所やパントリーには基本的にありません。
暗いためにものを探すのに懐中電灯を持ちながら行うのは不便ですよね。
そこで、特に広い収納場所には電灯などを吊るすあるいは電気を引っ張ってくることをおすすめいたします。
また、収納場所に隣接する照明の位置を工夫してものを探す際に見やすくするということもできるでしょう。

□最後に

今回は、収納における失敗事例やそれを防ぐための注意点についてご紹介いたしました。
ぜひ、参考にしてください。

子育て中の方に適した立地の条件を注文住宅業者が解説

2019年03月16日

「子育てのしやすいところに住みたいなあ。どんなポイントで立地を探すのが良いのだろう?」
注文住宅を建てる際には様々なことを決めていくことになりますが、土地選びも大切な要素ですよね。
今回は、子育てをしやすい立地の条件についてご紹介いたします。

□子育てをしやすい立地の条件は?

*子供と遊べる場所があるか

お子様が小さいうちは一緒に遊ばれる機会も多いことでしょう。
家の中でも良いですが外に遊べる場所があれば楽しめることも増えますよね。
公園の他広場や自然の豊かな場所があるかを確かめてみましょう。

*学校に近いところ

毎日通う学校ですから、なるべく近くにあって通うのに苦労せず、かつ安心できる通学路のあるところが良いですよね。
地元の学校に通わせる場合には、その土地がどの学校の区内なのかということを押さえておきましょう。

*日用品を購入できる店があるか

子育てしながらの生活は慌ただしいものです。
食事の材料や日用品を購入できるところが近くにあると便利でしょう。
コンビニでもある程度は事足りますが、スーパーやドラッグストアがあると選択肢が広がります。

*最寄りの交通機関

日々の移動は車があれば何とかなりますが、遠距離になると大変ですよね。
そのため、近くに交通機関がある場所の方が別の移動手段を確保できる点でおすすめです。
交通機関によっても利便性が変わりますので、最寄りのものが何なのかは調べておくことが大切になります。
もちろん複数の交通機関があるようならば移動の選択肢が広がって便利でしょう。
また、送迎のことを踏まえると可能であれば最寄りの駅から徒歩10分程度で帰宅できる場所が望ましいでしょう。

*実家との距離

子育てに集中しつつもご両親のことが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
近くに暮らしていることで頻繁に様子を見に行けるので安心ですよね。
また、ご両親からしてもお孫さんと会える機会が多いのは嬉しいことでしょう。

*診療所や病院が近くにあるか

お子様が万一体調を崩されたときに近くに診療所や病院があると心強いですよね。
受付時間はそれぞれ異なりますので、夜間の対応があるかなどで調べていきましょう。

□最後に

今回は、子育てをしやすい立地の条件についてご紹介いたしました。
注文住宅を建てる際にはどの場所にするかということでも成功を左右します。
長く暮らしていく中で快適さを感じられるように、場所選びもじっくりと行っていきましょう。

子育てのしやすい間取りとは?注文住宅業者がご紹介

2019年03月12日

「家を建てるのならば子育てしやすい間取りにしたいな。どんなものを取り入れたらよいのだろう?」
お子様がいらっしゃるご家庭、これから子育てをされるご家庭の場合、家づくりにおいては子育てのしやすさが重要になりますよね。
今回は、おすすめの間取りについてご紹介いたします。

□子育てしやすいおすすめの間取り

*リビングを間取りの中心に

リビングには家族が顔を合わせてコミュニケーションを促す役割があります。
日々の出来事を話し合いながら同じ場所で時間を過ごすことは何よりの楽しみになることでしょう。
そこで間取りとしては、リビングが中心になるように配置することがおすすめです。
具体的には、他の部屋に行くのにリビングを経由することになるようにリビングや部屋の配置あるいは通路を設置していきます。
それによってリビングを通る回数が増えて顔を合わせやすくなり、自然と触れ合えることができるようになるでしょう。
そして、リビングの広さに余裕があれば用途の広がる和室を設けられても良いかもしれません。

*子供部屋というよりはスペースをつくるイメージで

とても小さければ問題ないでしょうけれども、お子様は成長すると一人で過ごす部屋が欲しいものです。
しかしながら、完全な子供部屋にしてしまうと顔が見えず出てきてくれなくなると心配になりますよね。
そこで、もしリビングをはじめとして広い空間を設けられるようでしたら、その部分に物置などを設置することによってお子様が使えるスペースのようにすれば一人で落ち着ける状態を確保しつつ、お子様の顔も確かめやすくなります。

*家族の顔が見える対面式キッチンを設置

対面式キッチンというのはキッチンがダイニングやリビングの方に向いている配置方法のことを指します。
従来の壁に向いているタイプではお子様の方を振り向きながら料理をするというのは大変な状態でしたが、これであれば様子を見ながらできますし会話もしやすいためにコミュニケーションの促進につながるかもしれません。

*収納スペースを設けることも忘れずに

子育てをする際にはいろいろな道具が必要になりますし、お子様が成長されるに当たっては遊びに使うものや勉強道具が徐々に増えていきます。
そういったもの簡単にしまえる場所を設けておくことで整理も行いやすいですし、整頓する習慣を付けることにもつながることが期待できます。
また、床に置いておくものが少なくなり、ものに引っかかって怪我をする恐れを軽減できるのは嬉しいことですよね。

□最後に

今回は、子育てしやすい間取りについてご紹介いたしました。
注文住宅であればこういった間取りも実現可能ですから、子育てのしやすさを重視されるというのであれば、注文住宅での家づくりをおすすめいたします。

注文住宅と建売住宅それぞれのメリットについて解説

2019年03月8日

「戸建ての住宅に引っ越すことを考えておるけれども、注文住宅と建売住宅のどちらにしようかな?」
家を選ぶ際には様々な要素をみていくことになりますが、注文住宅にするのかそれとも建売住宅にするのかということは悩ましい観点の一つですよね。
そこで今回は、この両者においてどのようなメリットがあるのかということをご紹介いたします。

□建売住宅のメリット

*費用が比較的安い

床面積や使っている素材によっても異なりますが、費用に関しては比較的に安く抑えられるとされています。

*実物を見られる

建売住宅はできあがった時点で販売されているものもあり、実際にどのような住宅なのかを見られるかもしれません。
それが難しいとしても似たような物件が多いため、モデルハウスでご自身にとって不満がないかを確かめることができるというのは強みです。

*入居までの期間が短い

遅くても契約後にはすぐに建築が始まる状態になっていることが多いです。
契約を済ませると数か月から半年ほどで、短い場合は即入居可能という物件も存在しています。
注文住宅の場合に必要な設計する段階や資金契約を行う段階もありませんし、土地も決まっていますので、全体として数か月以上早く手に入れられるでしょう。
早期に新築住宅に引っ越したいという場合は分譲されている物件を探して気に入ったものの中から選ぶ方が手間を省けます。

□注文住宅のメリット

*自由度が高い

間取りが確定している場合、ご自身の希望に沿うものがなかなか見つからないかもしれません。
狭い部分もある関係で取り入れる家具にも限界があるのが悩ましいところです。
注文住宅は設計の段階から始めていくことで、ご自身の希望を最大限取り入れた間取りを実現します。
そのため何かをあきらめなければならないということも起こりにくいです。
どうしても取り入れたいものがある、家具や素材の好みが強いという場合にはこちらを選ばれることをおすすめいたします。

*性能の面で心配が少ない

販売する形式の家ももちろん質は担保されているのですが、ご自身の希望に沿っているとは限りませんし、こういった住宅を販売するにあたっての広告費や手数料がかかる傾向にあるために、同じ金額であれば材料や工事の性能を下げられているかもしれません。
その点において注文住宅は希望の素材や工法を採用して建てていくために納得した形に仕上げることができます。

□最後に

今回は、注文住宅と建売住宅をそれぞれのメリットをご紹介しました。
両者に魅力はありますが、自由度が高くご自身の希望に最大限沿うというのは簡単なものではありません。
長く住み続け一日の時間の中でも過ごすことの多い場所である家ですから、ご自身の想いに沿った形の注文住宅を建てられることをおすすめいたします。

注文住宅業者が解説、自然素材のメンテナンス方法について

2019年03月4日

「注文住宅を建築する際には自然素材を使った住宅が良いな。でも自然素材はメンテナンスが面倒なような気もする…」
自然素材は熱を伝えにくく湿度を調節する機能もあって住宅の快適さを満たせるような魅力を多く備えていますが、どのようにお手入れをしていくのかも気になりますよね。
そこで今回は、自然素材に対するメンテナンス方法についてご紹介いたします。

□自然素材のお手入れ方法について

*床の自然素材に対して行うお手入れ

床の自然素材として用いられているのが多いのは無垢材と呼ばれる木材です。
種類によって特徴が違い、ぬくもりを感じられる床材として人気を集めています。
その床材ですが、水で濡れた雑巾で汚れを拭き取るということはあまりおすすめいたしません。
無垢材は種類によっては水に弱く、水分を含むことによって劣化が加速してしまうためです。
そこでお手入れとしては、乾拭きで軽く拭き取ることを心がけましょう。
乾拭きでは除けないような汚れには中性洗剤を含ませた雑巾を使う方法もありますが、しっかりと絞って洗剤が残らないように心がけることが必要です。

*壁の素材に対して行うお手入れ

壁の素材として使われているものとしては、木材・漆喰・珪藻土などであることが多いです。
ここに付いた汚れを落とすのは意外にも簡単で、多くの場合は消しゴムでこすると落ちるとされています。
汚れが付いていない場合には、埃をはたいたり掃除機をかけたりするくらいで済ませられるでしょう。

□長期的な視点でできるお手入れ方法は?

ちょっとした汚れについては日々の軽いお手入れで取ることができるかもしれませんが、年月を経ていくにつれて耐久性も失われてきますので、簡単なお手入れでは落ちない汚れも出てくるものです。
そういった長期的なことも踏まえて対策をしておくというのも良いでしょう。
具体的には塗装や加工をすることで耐水性の機能を持たせるのが一例です。
浴室・洗面所・トイレなどの水回りは特に自然素材を使用すると他の場所と比べても汚れが付きやすかったり劣化が早かったりするという難点があります。
耐水性が出るように工夫しておくことがおすすめです。
具体的にはシートを被せて保護したり防水加工を施したりすると良いでしょう。

□最後に

今回は、自然素材の家のメンテナンス方法についてご紹介いたしました。
自然素材はお手入れが大変なように思われているかもしれませんが、実際のところはそれほど大変でもありません。
それよりも身体への優しさや生きている素材ならではのぬくもりを感じられるなどの魅力が多い材料ですから、注文住宅を建てる際には前向きに検討されることをおすすめいたします。

無料相談会
資料請求
SPEC
renovation
シャチョウBLOG
RECRUIT リクルート
お役立ちブログ
スタッフブログ
Official Instagram
Official Instagram